ダイビングと水中写真トップに戻る

« EBCブレーキパッドとローター交換 | メイン | 2002年6月の沖縄・粟国島の写真をアップ »

2003年03月11日

水中写真のヒント (underwater photography tips)

水中写真のヒントなんて大げさなカテゴリにしてみましたが、ちょっとずつ、日記的にワイド系の水中写真をフィルムのカメラで撮る場合のヒントやコツについて、まとめておきたいと思います。

ワイド写真とは周りの風景も取り入れて結果的に多くの面積を写しこんでいる写真のことです。例えば一匹の魚を撮影していても、その周りに何を写しこむかで写真はずいぶん変わりますよね。最近はワイド写真の反対のマクロ写真がはやっているようですが、これは逆に、その被写体だけを写すわけです。
私は(写真をご覧になってお分かりのように)ワイド写真が趣味なわけですのでそっち系を中心にしたいと思います。マクロとワイドは共通の技術や知識もあると思いますが、そもそも器材、セッティング、海況、ダイビング技術などにおいてまったく異なる部分も多いです。

では次は、フィルムのカメラ(銀塩カメラとも言います)を選択するべきか、それともデジタルカメラやデジタルビデオを選択するかについて説明していきましょう。
(English follows...)

In this category I would like to summarize underwater photography tips from my own experience as a beginner photographer, especially wide-angle photography with housed 35mm SLR (Single Lens Reflex) cameras.

Wide-angle photography is basically to get wider coverage in the picture. If you want to taking a shot of fish with coral surroundings and landscapes, then you'll be dealing with wide-angle photography. On the other hand, in recent days, macro photography is getting more popular; in this case your shot will have the fish with somewhat blurred background.
As you can see from my underwater photos in this site, I'll concentrate on wide-angle photography tips. There are many common tips and techniques between "macro" and "wide-angle", camera and lens equipment, equipment setup, sea condition and required scuba diving skills are very different.

Coming up next, I'll show you where you should start with underwater photo equipment; housed SLR, digital camera, or digital video (which is actually easiest!).

投稿者 hiroshiy : 2003年03月11日 20:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/22

コメント

投稿者 向井敦朗 : 2009年04月10日 14:46

どうしても緑色かかった画像になるのですが、何か対処方法はございますか?

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2009年05月04日 02:53

向井さん、こんばんは。
緑色になるのはコンパクトデジカメなどではよくあります。水中は特にホワイトバランスが特殊な環境のため、デジカメによってはオートホワイトバランスが崩れて、色がおかしくなってしまうことがあります。
もしホワイトバランスを調整できるカメラなら、できるだけ数字を大きくしてみてください。また、調整できない場合は、次回カメラを購入する際に、「水中モード」のあるカメラにするとよいでしょう。一眼レフのデジカメなら、基本的には緑かぶりすることなく撮影できます。
フィルムにはホワイトバランスはありませんので、私のようにフィルムで撮影している人も緑かぶりは少ないです。

あと、ストロボを使用すると緑かぶりは緩和されることが多いです。試してみてください。

コメントしてください




保存しますか?