ダイビングと水中写真トップに戻る

« 最近のコメントをツリー表示 | メイン | 沖縄 粟国島のビデオ »

2003年03月21日

銀塩カメラ? デジタルカメラ? デジタルビデオ? (film camera, digital camera or video?)

前回からしばらく間が開いてしまいましたが、今回はフィルムのカメラ(銀塩カメラとも言います)を選択するべきか、それともデジタルカメラやデジタルビデオを選択するかについて説明していきましょう。
まずはそれぞれの特徴を簡単にまとめてみましょう。ここでは銀塩カメラは通常の一眼レフ、デジタルカメラは一眼レフではなく通常のレンズ交換式でないものに限定して説明したいと思います。


  • 銀塩カメラは、画質がよく、比較的忠実な発色を得ることができる。シャッタースピードがある程度高速にでき、ストロボのシンクロが容易に可能。交換レンズが豊富で、広角側も望遠側も充実している。反面、フィルムを使用しているため撮影後すぐに映像を見ることができず、フィルムのコストや現像のコストが余分にかかる。データをデジタル化するにはスキャナが必要。また機材が比較的高価。一眼レフを使用する場合は40万円くらいから。

  • デジタルカメラは、画質はかなりよくなってきているが、200-300万画素のタイプでは銀塩カメラより目に見えて分かる程度少し落ちる。発色は「オートホワイトバランス」に引っ張られることがあり、水中では青みがかったり緑がかったりすることがある。高解像度モデルほどシャッタースピードが遅く、ものによってはシャッターボタンを押してから撮影されるまでに時間がかかるため、水中で魚を撮影するような場合はブレてしまったりタイミングが合わなかったりする。ストロボのシンクロもTTL調光も困難なため、ライティングはあまり簡単ではない。ズームレンズが標準であるため、一般的な撮影には十分。撮影後すぐ(水中でも)映像を見ることができ、メモリカードが安いためランニングコストが安い。機材もカメラメーカーから純正のハウジングが発売されていることが多く、ストロボなしで10万円程度から始められる。

  • デジタルビデオはカメラとはまったく異なり、初心者にはまずこれをお勧めする。画質はかなり低く、PC用語で言うとVGA程度(640x480)のデータしかないが、静止画と動画では表現力がまったく違うため大変面白い。発色はやはりホワイトバランスで調整するが、デジタルカメラと同じような傾向がある。ビデオでは一コマが1/30秒なので、速く移動する被写体は流し撮りする必要がある。ストロボは瞬間の光であるため使えず、ビデオライトを用いる。デジタルカメラよりさらにズーム幅が広く、ワイドからマクロまでいろいろと簡単に楽しめる。撮影後すぐに映像を見ることができ、MiniDVテープと呼ばれるテープに長時間録画できる。データをデジタル化するにはキャプチャカードが必要。機材は最近はメーカー製のハウジング(例、Victor JVCのGR-DVP7用マリンケース)も発売されており、これを利用すれば20万円程度から始められる。ビデオライトはナイトダイビングに使用するものとは異なり、フラットに照射できるタイプのライトを使用する。フィッシュアイという会社ではいろいろなビデオライトを取り扱っている。

長文になってしまいましたが、おおよその特徴は理解していただけましたか? 初めて水中で撮影する方には、デジタルカメラでなく、ぜひデジタルビデオをお勧めします。ホームページ作る素材用としてはちょっと画質が厳しいですが、きっと撮影した映像はご家族の方にもお友達にも興味を持ってみていただけると思いますよ!

次回は、銀塩カメラの特徴のうちデジタルカメラやビデオと比べて劣っている点について、工夫してカバーできるアイディアやヒントについて説明してみます。

[用語集]
ストロボ - フラッシュとかスピードライトとも言います。カメラのシャッターが開いている短い時間の間に、1/10000秒とかの超短い時間で発光して被写体を照明します。水中写真には、水中専用のものが出ています。
シンクロ - ストロボの閃光時間はシャッター速度よりはるかに短いため、うまくタイミングを合わせて発光させる必要があります。この同期のことをシンクロといい、同期を取るための接続コードをシンクロコードといっています。水中写真には、水中専用のシンクロコードが必要です。シンクロできるシャッタースピードには上限(ニコンF100で1/250)があります。
TTL調光 - 水中写真に限ったことではありませんが、ストロボ撮影を行う場合、前景はストロボで照明、背景はストロボが届かないので自然光での撮影となります。背景を生かして撮影(例えばワイド写真で海のブルーをバックにイルカを撮る)する場合にはカメラは背景にあわせて自動露出しますので、ストロボの光る強さをうまくコントロールしないと前景が飛んでしまいます。これを電子制御するのがTTL調光です。
(English follows...)

A few weeks since the last "diving photography tips" article, today I'd like to show how to choose underwater camera equipment among SLRs, digital cameras and digital videos (DV).
Here's the list of pro's and con's of each type of equipment; in this article "SLR" refers to film camera, and "digital camera" refers to the one with non-interchangable lens.


  • SLRs: good photo quality, natural colors, relatively fast shutter speed, easy to synchronize strobes. There are wide variety of lenses from wide to telephoto. On the other hand, since SLRs use films you can't see the pictures right after you shot it. There are costs associated with films, development and print. To create digital data from the film you need a film scanner. Approximate cost = $4000.

  • Digital cameras: medium photo quality, but you can tell the difference between films and 2-million pixel JPEG data. Sometimes unnatural colors due to auto white balance. Because high resolution, high-end cameras tend to select slower shutter speeds and to take longer time to actually take a shot after pressing down the release button, you sometimes get blurry pictures or pictures with no fish. Lighting is sometimes difficult because digital cameras in many cases lack good strobe synchronization and TTL strobe control. Digital cameras are typically equipped with zoom lens so it is suitable for most underwater situations. You can see the pictures anytime (even underwater). Memory cards are getting cheaper so cost of ownership is much lower than that of SLRs. Major digital camera manufacturers now sell genuine underwater housings. Approximate cost (with built-in strobe) = $1000.

  • Digital video cameras (DV): DVs are completely different from still cameras, and I would like to recommend DVs if you are about to start diving photography (or videography!). Image quality of each frame itself in the movie is low, which is similar to VGA (640x480) in PC terms, however movies are much more interesting to shoot and watch. DVs have similar color shift as digital cameras and you need to adjust white balance. Since duration of a frame is 1/30 second, you need to pan the camera smoothly to shoot fast moving objects. Strobes can't be used with DVs as its flash duration is very short, so you may want to use video lights. DVs also have wider range of zoom angle from wide to macro, it is very flexible. Of course you can see the pictures anytime (even underwater). MiniDV tapes can hold more than one hour of movie in one cartridge. When it comes to convert to digital data, you will need a capture card. DV camera manufacturers make underwater housings (ex. Victor JVCGR-DVP7 and its marine case. Approximate cost = $2000. Video lights are different from dive lights as they do not have "bright spots". Sunray carries various kinds of video lights.

OK, that's enough. Hope above summary help you understand overall features of three types of equipment; if you are a beginner I would recommend you start with digital videos, NOT digital cameras. Movies with DVs must be fun to your family and friends.

In the next article, I would like to cover ideas and tips to use SLRs, especially compared with digital cameras and DVs.

[Glossary]
Strobe - Called as Flash or Speedlight, depending on manufacturer. It blasts very bright light for 1/10000 seconds to illuminate the subject, while the camera shutter is open. For diving photography you need underwater, waterproof strobes.
Strobe synchronization - Strobe blast is much much shorter than camera's shutter speed, the blast should be "synchronized" to the shutter release. This is Strobe Synchronization, and the cable to connect strobes to camera is called sync cable. For diving photography you need underwater sync cable. There's upper limit to the maximum sync speed (1/250 with Nikon F100).
TTL strobe control - When you take a picture with strobes, the subject is lit with strobe, while background is lit with ambient light. If you want to take a picture of dolphins swimming in the blue ocean with wide angle lens, the camera exposure will be adjusted to ambient light when you use Automatic Exposure. In this case the camera remotely controls the length of the blast so that dolphins get exposed correctly in the foreground. This is called TTL Strobe Control.

投稿者 hiroshiy : 2003年03月21日 02:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/27

コメント

投稿者 光画舎 [TypeKey Profile Page] : 2005年02月25日 08:54

デジカメ時代になりつつある今こそ銀塩カメラの魅力に目を向けたいものです。

コメントしてください




保存しますか?