ダイビングと水中写真トップに戻る

« パワーウィンドウのスイッチが折れる | メイン | 海外携帯電話 GSM プリペイドかレンタルか? その選び方 »

2003年04月01日

海外携帯電話 ドコモとauは?

docomo_n601wg.jpgさてJ-Phoneのボーダフォン グローバル スタンダードについては大体お分かりいただけたと思いますが、今回の記事ではドコモのワールドウォーカーと、auのグローバルパスポートについてまとめてみたいと思います。

# 注、ムーバ(mova)ユーザーを対象に、ワールドウォーカー ジーカードサービスが2004年6月1日より開始されました。これにより、下記の旧ワールドウォーカーサービスは廃止となります。N601wgも販売停止のようです。現在505シリーズなどを利用されている方はこちらです。
# 注、FOMAユーザーを対象に、ドコモのワールドウィングサービスが2003年6月1日より開始されました。現在900シリーズなどを利用されている方はこちらです。


ドコモのワールドウォーカーは、日本でも海外でも使える電話機N601wg(写真)を利用する方法と、海外専用の携帯電話をレンタルする方法に分かれます。レンタルの場合はドコモ以外の会社、例えばモベルコミュニケーションズさんなどを利用するのと全然変わりませんので、海外に行く頻度が少ない方は「海外携帯電話 レンタル」などのキーワードでGoogleで検索して価格を比較されるのがよいと思います。
N601wgは見ての通り、iモード非対応ですし価格も定価で21万円以上と、一般のユーザーが購入することはないと思われますが、どうしても国内ではドコモのネットワークじゃないとダメで、メールなどは利用せず、海外に頻繁に行くという場合は選択せざるを得ないと思われます。この電話機は日本国内ではPDC800という通常のiモードとかと同じネットワークを利用しますので、通話しかできない点を除けばエリアなどはまったく同じです。海外ではGSM900のシングルバンド電話機となりますので、米国・カナダでは利用できませんし、一部のアジアや一部のヨーロッパ地域では携帯電話事業者の選択肢が限られてしまいます。またボーダフォン グローバル スタンダードと比較すると、N601wgは海外では別の電話番号(香港の番号)となりますので、日本からイギリスにいるN601wgに電話をすると、 日本=>契約者の日本の携帯番号(発信者負担)=>香港(国際電話料金契約者負担)=>イギリスのN601wg(着信料金契約者負担) ということになり、契約者の支払う料金はかなり大きくなってしまいます。
FOMAサービスでは、プラスチックローミングと呼ばれる、FOMAカードを海外専用の携帯電話に挿入して利用できるようにするサービスが計画されているようですが、時期についてはまだ明らかになっていません。

au_c1001sa.jpgauのグローバルパスポートは一番簡単です。CMでやっているくらいですから、、、対応機種は二機種A5505SA(2004年5月上旬発売予定)とA1303SAだけですが、何の手続きやややこしい制限もなく、アメリカ・カナダ・ハワイ・韓国・中国・香港・グアム・オーストラリア・ニュージーランドで利用することができます。電話番号は変わりませんので、ボーダフォン グローバル スタンダードと同じ形態になります。ただし、発着信にかかる料金は分単位課金でかなり高額なので、心して利用する必要があります。極端な例ですがアメリカで電話がかかってきて10秒話すだけで、300円の着信料金がかかります。

さて、このように考えると海外で携帯電話を利用するにはボーダフォン グローバル スタンダードに対応した機種を買って、日本ではエリアの充実していないJ-PhoneのW-CDMAネットワークを我慢して(ゴメンナサイ)利用しなければならないかというとそうではありません。

次の記事では、海外で携帯電話を利用するのに今のところ最適なプランをご紹介したいと思います。なお、このカテゴリの記事ではいろいろな会社の商品やサービスを紹介していますが、これはあくまで私の一個人としての意見であり、ビジネス上の利益に絡む内容ではないことをお断りしておきますね。

[PR]海外電気CLUBで海外向け携帯電話の価格をチェックする
[PR]海外行くなら!JAL・JCBカード | 年会費無料・OMCの「Jiyu!da!」カード | ノースウェスト/ワールドパークス JCBカード | ノースウエスト/ワールドパークス VISAカード
[PR]エアラインクルー御用達バッグから機内安眠グッズ・カギ・海外用プラグまで全部OK?
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2003年04月01日 21:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/35

コメント

コメントしてください




保存しますか?