ダイビングと水中写真トップに戻る

« 検索エンジン業界を動かす「パワー」についての考察 | メイン | 海外携帯電話 シンガポールにて »

2003年09月12日

一眼レフでダイビング写真(2)

coolscan_4.jpg一眼レフでダイビング写真(1)の記事では機材購入前のヒントについて書きましたが、今回は二回目ということで、撮影後のメンテナンス、現像とフィルムの保管、フィルムスキャナなどについて書いてみます。デジカメだと撮ったらすぐPCで見たり、インターネットでデジカメプリント(FUJICOLORプリントおとどけ便など)を頼めばプリントをすぐ手に入れることができますが、フィルムの一眼レフではそうはいきませんね。最近はデジタル一眼レフもだんだん手の届く価格になってきましたし、デジタル一眼が抱えていた課題も多くが解決してきたようですので、あと2-3年でデジタルに移行できるかも知れないなぁと思っています。

  1. 撮影後のメンテナンス 通常フィルムカメラの場合は、フィルム一本で36コマ撮影することができますので、フィルム交換が必要です。海外ダイビングなどでは一日に二本以上ダイビングすることは珍しくありませんし、その間にリゾートやホテルなどに戻って来れない場合もあります。そのようなケースでは、まずフィルム交換を注意して行わなければなりません。

    私の場合はまずハウジングをセーム皮でしっかりふき取り、それから(髪の毛からしずくが落ちるのを防ぐため)あまり覗き込まないようにしながらハウジングを開けます。フィルムが巻き戻されているかどうか確認したら、裏ブタを開けて、フィルムを交換します。裏ブタを閉じ、カメラのシンクロコードを接続して、Oリングと呼ばれるゴムのわっかをチェックし、水滴やゴミがないかどうか十分にチェックします。ここでOリングにキズがあったりゴミがついていたり、グリスが不足していたりすると、水没の原因となります。湿度の高い場所で撮影している場合は、念のため乾燥剤も一枚入れます。私は12枚入り100円のファンケルの乾燥剤(携帯ケース用)を利用しています。最後にハウジングを閉じ、ストロボが両方とも光るかどうかのテストをしてOKならフィルム交換完了です。

    フィルム交換完了後は、カメラを絞り優先、絞り値をF5.6、オートフォーカスにセットしておきます。水中に入ったとたんに何かに出会うかもしれませんからね。

  2. 現像とフィルムの保管
    撮影したフィルムは現像に出します。私の場合、スライドフィルムを使用していますので、同時プリントはしないで(高いです)、現像のみスリーブで依頼します。スリーブとマウントの説明についてはこちら。フィルムによっては感度の低いものもあります。私の場合はベルビア(RVP)のときだけISO感度80で撮影して、一段増感してもらいます。ベルビアの本来の感度はISO50ですので一段増感でISO100になるはずですが、ISO80くらいが私の好みです(マクロだと露出オーバーになるかも)。コダックのE100VSのときはISO感度100で撮影してそのまま現像します。増感は追加料金になりますので、最初からISO100のフィルムを使用したほうがいいかもしれません。先日ベルビア100(RVP100)がフジから発売されましたので、そちらも使用してみようと思います。

    現像から上がってきたフィルムは、6コマずつ裁断された「スリーブ」という状態です。私の場合、これをこのままコクヨの「ネガアルバム」にファイルしていくことにしています。これは値段も安いですし、割としっかりしていて本棚などに立てておくことができます。昔はマウントで保管していましたが、マウントするのが面倒になり今の方法になりました。

  3. フィルムスキャナ
    撮影した写真をホームページに載せたり友人にメールで送るためには、フィルムに写っている画像をデジタルデータに変換する必要があります。スキャナというと、フラットヘッドスキャナと呼ばれる紙原稿を読み取るための機器が有名ですが、フィルムをスキャンするにはフィルムスキャナという専用の機器を使用します。フィルムスキャナはニコンコニカミノルタキヤノンから発売されており、私はニコンのCOOLSCAN IV EDという機種を使用しています。

    スキャンする際には、ライトボックスルーペでスキャンするコマをチェックし、サイズと解像度を指定して取り込む必要があります。サイズはデジカメでいう画素数で、フィルムの場合は横:縦が3:2となりますので、Web用ということで横が800ピクセルなら縦は533ピクセル、横が1024ピクセルなら縦は683ピクセルとなります。解像度はdpi(dots per inch; 1インチは2.54センチ)であらわされ、データを利用するデバイスに合わせて設定します。例えばディスプレイ画面はWindows PCなら96dpiですし、Macintoshなら72dpiです。家庭用のインクジェットプリンタに出力する場合は240dpi程度でよいようです。

    計算の仕方ですが、Web用横長画像ならまず画像の横のピクセル数を決め、その2/3を縦のピクセル数とし、解像度を96dpiとします。例えば15インチ液晶ディスプレイまたは17インチCRTですと対角線方向が15インチ程度になりますので、横幅は15 ÷ √2 = 10.6インチ、96dpiですと画面いっぱいなら10.6 x 96 = 1018ピクセルとなります。1024 x 768 (XGA)クラスのディスプレイを使用しているユーザーが最も多いでしょうから、私の場合は画像サイズを800 x 533にしています。
    A4の用紙一杯にインクジェットプリンタで印刷する場合は、解像度が上がりますのでピクセル数も増やす必要があります。A4用紙の長い辺は297mmですので、29.7cm ÷ 2.54 = 11.7インチ、240dpiですと11.7 x 240 = 2806ピクセルとなります。

    一回の操作でスリーブ一本分つまり六コマ分をデジタル化できますが、暗い写真などでコマの切れ目があまりはっきりしなかったりオートフォーカスがちゃんと効かなかったりする場合は、一コマ単位で取り込む必要があり結構手間がかかります。

時間はかかりますが、出来上がったデジタルデータは個人で楽しむには十分なレベルになります。またフィルムの一眼レフは撮影⇒現像⇒チェック⇒スキャンという流れになりますが、最近のデジタル一眼レフはRAW撮影デジタル現像⇒チェック⇒必要であればレタッチ、となりますのであまり手間は変わらないような気もします。デジタル現像をカメラ任せにしてオートホワイトバランス+JPEG出力で高品質の画像が得られるといいのですが、現在の機材では青っぽいコントラストの低い映像になってしまうようです。フィルムで発色をある程度選べるように、デジタルでも簡単に好みの発色が選べるようになる日が早く来るとよいですね。デジタル現像ツールとしてPhotoshopのCamera Rawプラグインが中心となり、使い勝手の改善が進むことを期待しています。
(English follows...)

Diving Photography with SLR (2)

I've covered tips for choosing the right equipment in the last article Diving Photography with SLR (2). In this article I'd like to write about equipment maintenance after shooting, development and storage of films and image scanning. Yes, digital cameras are more convenient these days - you can check the photo on the fly underwater, order prints direct on the Internet (ex. Fujicolor Print Delivery Service) - actually, I think I may be able to move to digital in two or three years, as digital SLRs become affordable and some issues related to underwater photography are getting resolved.

  1. Maintenance after shooting With 35mm film cameras you can take 36 frames in one roll of film, so you need to change films, which is a little bit of challange. It is pretty much common to make two dives a day in many resorts, and you may not be able to come back to the hotel between dives. In such a case, you should take extra care in film change.

    What I usually do is as follows: wipe all water drops on the camera housing with chamois leather, and open it without leaning over, to avoid saltwater drops from hair. After confirming that the film is completely re-wound, open the camera back and change films. Close the back, connect the sync cable and carefully check O rings to make sure there's no water drops or dust. Damaged or dirty O rings, lack of O ring grease will cause fatal water leaks in the housing. If you are opening the housing in humid places, I would recommend throwing one sheet of desiccant inside for additional peace of mind. My choice is Fancl, 100 yen per 12 sheets (cost: 8 cents/roll). Finally, close the housing, test the flashes and you're done.

    Here's one tip: set the camera to aperture priority, F5.6 and auto focus after the film change. This way you can shoot right away once in the water.

  2. Development and storage of films
    In my case, I just ask the photofinisher to develop without mounts, as I regularly use slides. Getting the "prints" will be extraordinary expensive if you use positive films. With Velvia (RVP) I usually set ISO value to 80, and push-process by 1 stop. The official ISO value for Velvia is 50, so the ISO setting on the camera should be 100 when pushed by 1 stop, but I prefer ISO 80's slightly bright blue pictures (Note: if you are shooting macro, ISO 80 for Velvia +1 push might cause overexposure). With Kodak's E100VS I use ISO 100 as specified; push development costs you additional charges, so you may want to use ISO 100 film from the beginning. Recently, Fuji Film released Velvia 100 (RVP100), which I'd like to give a try soon.

    When you get the developed film, it's cut into strips of six frames each (in Japan), which is called "sleeves". My preference for sleeve storage is Kokuyo's Nega Album, which can file unmounted strips as they are (with two holes). This album is cheap, and solid enough to stand in a bookshelf.

  3. Scanning films
    To upload the photo on the web or send via email to your friends, you need to convert pictures on the film to digital data. Flatbed scanners are the most popular, which is used to scan paper documents, but if you are going to scan films, you would need to use film scanners for much higher quality. Nikon, Konica Minolta, Canon manufacture good film scanners on the market. Among these products I chose Nikon's COOLSCAN IV ED, and am satisfied with it. It is now discontinued and replaced with COOLSCAN V ED.

    Before you scan, you will want to check the frames with a light box and alupe, and specify the size and resolution for scanning. The "size" means number of pixels like in digital cameras; because a frame of the film has an aspect ratio of 3:2 in landscape, use 800 pixels horizontal and 533 pixels vertical, or 1024 pixels horizontal and 683 pixels vertical. The "resolution" is measured by the unit DPI (or dots per inch); use the appropriate resolution suitable for each output device. If output is computer displays (such as web), choose 96 dpi for Windows PC, 72 dpi for Macintosh. If output is inkjet printers, choose 240 dpi.

    Let's make some real calculations to illustrate how to decide these numbers. Assume you are going to produce a landscape image for web. First, decide number of horizontal pixels and use two-thirds of horizontal pixels for vertical. Next, set the resolution to 96 dpi (for Windows). For example, if you are using 15inch LCD display or 17inch CRT, diagonal length of the screen is 15inches; thus, the horizontal size is 15 / square_root(2) = 10.6inch, or 10.6 x 96 (dots-per-inch) = 1018 pixels. Many web users are using 1024 x 768 (XGA) screen, so I usually use 800 x 533 for the images to fit nicely on a web page.
    On the other hand if you are printing on A4-size paper with an inkjet printer, you need to increase number of pixels because of higher resolution. Landscape length of A4-size paper is 297mm, or 297 / 25.4 = 11.7inches, so 11.7 x 240 (dots-per-inch) = 2806 pixels.

    Most film scanners available on the market can scan one sleeve, or a strip of six frames, at once. There are some occasions that dark photos with black background or inaccurate autofocus might cause you to scan frame by frame, which consumes time.

Putting a lot of effort to produce digital data, the resulting image from film has high enough quality for high-end amateur photographers to enjoy. If you compare film photography with digital photography, at this time, I personally think, that both require similar steps and time to produce the level of quality film photography is now able to produce. For example, a film SLR workflow is shoot=>develop=>check=>scan, and a digital SLR workflow is shoot-in-"raw"-image-formats=>digital development=>check=>retouch-if-necessary. You can allow the camera to develop digitally, auto-white-balance, output in JPEG, however, this easier process tend to generate blueish, low-contrast images underwater with current equipment. Photoshop CS with Camera Raw Plugin could be playing a major role in improving the whole "digital development" process soon.

投稿者 hiroshiy : 2003年09月12日 01:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/86

コメント

投稿者 ケソスケ : 2004年06月28日 23:42

ファンケルの乾燥剤を買ってみました。
情報ありがとうございます。

投稿者 hiroshiy : 2004年06月29日 01:33

ケソスケさん、どうもです。この乾燥剤よいですよね。私は毎ダイブ活用しています。

コメントしてください




保存しますか?