ダイビングと水中写真トップに戻る

« Yahoo! JAPAN、キーワード検索結果をsearch.yahooに統一 | メイン | 海外携帯電話 ロサンゼルスにて »

2003年10月23日

CDMA 1x WIN (ウィン) EV-DO

cdma1x-win.gif# 11/28にCDMA 1X WINのページがアップされたのでリンクしておきます。

auがEV-DO (Evolution-Data Only)サービスを11/28より開始すると発表しましたね。サービス名称は「CDMA 1x WIN」(シーディーエムエー、ワンエックス、ウィン)だそうです。見え方はいろいろですが、基本的には800MHz帯でのCDMA 1xサービス(音声と144Kbpsまでのデータ通信)および、2GHz帯でのCDMA2000 1x EV-DO(データのみ、下り2.4Mbpz、上り144Kbpsのベストエフォート=帯域保証なし)のサービスを組み合わせたものです。EV-DOによるデータ通信は電話機端末(EZweb)でもPC接続でも利用できます。EV-DO対応端末は11/28に日立からW11H: 電話機およびデータ通信のデュアル端末が、京セラからW01K: PC用のPCMCIAカード型端末が発売されます。

EV-DOは3G(第三世代携帯電話)ならではの高速通信サービスということで注目すべきですが、11/28におけるEV-DOのサービスエリアはリンク先の通り、三大都市圏で人口カバー率70%といったところ。エリア内の穴がどれくらいあるか分かりませんが、PCでモバイル用途に使用するにはまだまだ危険だと思われます。おそらくEV-DO専用の基地局などもこれから増設されていくのでしょう。

今回の発表でもう一つ注目すべきは、EV-DOをサポートする電話機に対して、EZフラットという月額4200円(別に、基本料金やEZweb利用料金はかかります)の定額制が導入されたことです。この定額制はあくまで電話機端末でのEZweb利用に制限されており、ここからも「まだPCでは使えないよ」という状況が見て取れます。電話端末でのリッチな(??)コンテンツを楽しんで欲しい、とのことなんでしょう。ただau電話端末には他にも定額ではない従量制のパケット通信料の割引プランがありますので、それと比較すると、かなりムービーメールやEZwebを使う人でないと元が取りづらいかもしれませんね。なお、EZフラット契約でEV-DOエリア外の場合は、自動的に追加料金なしで1xのデータ通信が使える、というのはうれしいです。

一見ものすごくエポックメイキングに見えるEV-DOですが、エリア、料金などを考えると、非常に微妙なラインを引いてきていることが分かります。

  • FOMAよりは通話が安定
  • movaよりは画像メールなどが高速で、かつパケットの割引プランがある
  • ムービーメールやEZwebで大量に通信する人はEV-DOは買い!
  • 出張や移動の多いビジネスピープルで、通信量の多い人はPHS(@FreeDAirH)、通信量の少ない人はFOMAデュアルネットワークまたはCDMA 1x PacketOneを選択
  • 11/29追記: CDMA 1X WIN対応機であるWシリーズの携帯電話を持っていれば、料金体系はCDMA 1X WINの料金プランになります。これはPCでデータ通信する人にもメリットがあり、FOMAのパケットパック80やCDMA 1XのPacketOneミドルパックより速度が速く料金も安い、ということになります。CDMA 1X WINのPC向きパケット割引サービス「パケット割WINスーパー」はこちら

という感じでしょうか。
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2003年10月23日 00:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/97

コメント

投稿者 やば : 2003年11月26日 16:52

PCを使ったデータ通信に使ってもパケットパックを使うことにより、断然FOMAより安いです。
エリアの面でもEV-DO基地局の穴があっても、Cdma-Oneのエリア内であれば、速度が落ちるだけで通信は継続可能ですから、FOMAとは比べ物にならないでしょう。
携帯電話でデータ通信重視の人には間違いなく買いでしょう。

投稿者 hiroshiy : 2003年11月26日 18:47

やば さん、コメントありがとうございます。
私の場合、FOMAでもcdmaOneでもPCでデータ通信をします。例えばPC用のデータ通信の料金プランとして、FOMAの「パケットパック80」、cdmaOneの「PacketOneスーパーパック」とCDMA 1Xの「パケット割スーパー」を比較してみましょう。

cdmaOneの「PacketOneスーパーパック」は月額8500円で45万パケットまで。それ以降は0.02円/パケットとなります。ただし、cdmaOneはプロバイダ料金が含まれていないので、auのプロバイダ(au.NET)を利用するなら月額8500円で30万パケットまで、それ以降は0.03円/パケットです。自宅用にADSLなどを契約している場合は、そのプロバイダがPacketOne用のサービスを無料で提供していることが多いです。
FOMAの「パケットパック80」は月額8000円で0.02円/パケットですので、8000円で40万パケット利用できます。cdmaOneと同条件にするために8500円分使用すると仮定すると、42万5千パケットでFOMAの方が25,000パケット少なくなります。
CDMA1X WINはWINの対応機種が必要ですが、PacketOneとはまったく異なる料金体系になっています。「パケット割WINスーパー」が月額7500円で50万パケットまで。それ以降は0.015円/パケットとなります。auのプロバイダ料金は月額900円(利用月のみ、2004年5月末まで無料)。cdmaOneと同条件にするために(プロバイダ料金を入れて)8500円分使用すると仮定すると、50万6千パケットでCDMA1X WINの方が56,666パケット多くなります。

すなわち、
(1) データ通信をPCで月々42万5千パケット(おおよそ52MB)以上利用する人にとっては、auのcdmaOne(他社プロバイダ利用)の方がFOMAより500円お得。au.NETしかないならFOMAの方がお得。
(2) auの最新機種(Wシリーズ)を持っているなら、CDMA1X WINエリア外でも144K/64Kパケット通信が可能なので、FOMAよりお得。
(3) エリア的にはFOMAとcdmaOneは比べ物にならないので、FOMAエリア外での利用が多いならcdmaOneの方が全然よい。CDMA1X WINのエリアはFOMA以下。
(4) 速度的には、CDMA1X WIN > FOMA > cdmaOne (PacketOne)となりそう。

というところでしょうか。簡単にまとめると、11月28日(もうすぐですね)以降発売予定のWシリーズ機を購入してもよい、と思う人で、PCでデータ通信をしたいと思っている人は、CDMA 1X WINの選択がよさそうです。記事のほうも、「パケット割WINスーパー」のページができたら分かりやすいように修正しますね。

# auのCシリーズ、AシリーズではCDMA1X WINのプランは契約できず、WシリーズではPacketOneのプランは契約できません。

コメントしてください




保存しますか?