ダイビングと水中写真トップに戻る

« 海外携帯電話 SIMロック Q&A 過去ログ#1 | メイン | 海外携帯電話 ニュージーランドにて »

2004年02月21日

ドコモも定額制

900_n_p1a.jpg# 2/21付: 「FOMAの定額制は何も決まっていない」、NTTドコモが21日の一部報道にコメント
# 3/24付: ドコモ報道発表資料 3,900円で定額が発表になりました。スロットリングが導入されるようで、定額ユーザーと非定額ユーザーでは、非定額ユーザーのパケットが優先される仕組みみたいです。つまり、定額ユーザーは若干(!?)通信速度が落ちると。
# 定額は「パケ・ホーダイ」、PCでのデータ通信にはやはり適用されません。iモードをかなりヘビーに使わないと元が取れないと思われます。
# 3/24の発表では、パケットパック10/30/60がより重要です。特にパケットパック10はauやボーダフォンの同等のパケット割引プランと比べ、定額料が200円安く割引率は同等というもので、これでドコモのパケット料金は業界最安といえると思います。
# 今回の発表は、PCでデータ通信する私のようなユーザーにはあまり大きなメリットはありませんでした。パケットパック10によるムーバからFOMAへの乗り換えを促進し、新規ユーザーの低料金による囲い込みに意欲を示したものといえるでしよう。

tarosite.net(TM)さんで知ったのですが、久々の大ニュースですね。定額制ということは、FOMAの基本通信料4,900円に加えて定額通信料が加算されることになりますが、料金はauのCDMA 1X WINの4,200円を意識せざるを得ないでしょうから4,900+4,200=9,100円くらいということだと思います。

一番肝心な「PCでも使えるのかどうか」という点については、おそらくWINと同様ありえないのでしょう。すると携帯電話のみで定額ということになり、対象ユーザー層はパケット代がパケットバックを入れて4,200円を毎月越えるようなヘビーユーザーということになります。実際auのプランで計算してみると、

パケット割WIN: 1,200円12,000パケット、4,200円で42,000パケット

となりますから、WINだと一日換算で1,400パケット以上使用する人は定額制に移行したほうがいいということになりますね。

# 正確には、CDMA 1X(WINじゃないほう)ならミドルパック(2,400円で最低37,000パケット、4,200円なら約59,000パケット)のほうがお得になる場合も。

定額制でよりブロードバンド的なコンテンツが使われるようにはなるでしょうが、やはり本当にモバイルがビジネスで使われるようになるには、PCなどの高機能な機器で安心して使えるようになる必要があると、私は考えています。そうなったら携帯電話は通信機能だけでIP電話というのも可能でしょうから、通信モジュール+自分の好きなハンドセットモジュールの組み合わせになって楽しいですね。ハンドセットモジュールは自分の好きなものを使えますので、機種変更もする必要がありません。

NIKKEI.NETより:

NTTドコモは第3世代携帯電話サービスの加入者向けに電子メールやインターネット閲覧などのデータ通信が使い放題になる定額制を導入する。今年半ばにも(FOMAユーザー対象に)月額4000円台前半の料金で開始することを検討中だ。来年6月ごろに始める、より高速な通信サービス(HSDPA, 14Mbps)にも定額制を適用し、加入者が動画などをやりとりしやすくする。

※カッコ内は私が追記しました。

(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2004年02月21日 14:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/146

コメント

コメントしてください




保存しますか?