ダイビングと水中写真トップに戻る

« Google IPO | メイン | Google IPO, Google PR Style »

2004年05月02日

インドネシア・メナドの水中写真をアップ

クマノミヨスジフエダイの群れ2001年12月28日から2002年1月7日まで、シンガポール経由でインドネシアはスラウェシ島の北端にあるメナドに行ってきました。メナドはブナケン国立公園を擁する有名ダイビングスポットです。インドネシアの地図はこちら

メナドにはキリスト教徒が多く、また混血が進んでいるため色白で目の大きな美人が多いといわれています。そういわれてみれば、、、あのメナード化粧品もメナドにちなんで名づけられた、という噂があります。

日本からメナドまでは、まずシンガポールまで行き、シルクエアーでメナドまで直行便でたったの三時間半です。実はメナドには二回目で、今回もホテル サンティカ メナドに滞在しました。ここはプールもあってキレイなホテルです。町まではちょっと遠く、タクシー利用となります。ダイビングサービスはオランダ人のシモーヌさん経営のタラサ ダイブ センター。シモーヌさんはPADIのコースディレクター(超エラい人)なので安心です。

インドネシア メナドの写真と旅行記をアップしましたのでご覧ください。三年以上前の雨季の写真です。
(English follows...)

Underwater Photo in Manado, Indonesia

My wife and I visited Manado for scuba diving, located northernmost point of Sulawesi Indonesia in the Celebes Sea, from December 28th to January 7th in the year 2001, via Singapore. Manado is one of the most famous diving spots in the world, with its Bunaken National Park. To see the map of Indonesia and Sulawesi please click here.

Most of the population of Manado are Christian, and since Manado was the colonial city, Manado's women are considered very beautiful with respect to fair skin and deep eyes.

To get to Manado, first go to Singapore, and take Silk Air direct flight to Manado in just three and half hours. This trip was actually my second time visit there, and I stayed Hotel Santika Manado as the first time. This is a beautiful hotel with a nice freshwater pool. You'll need to ride a taxi to the town center. In the hotel there's Thalassa Dive Center, owned by a Dutch lady Ms. Simone, who is one of the PADI course directors.

Click here to see Manado, Indonesia photo. These photos were taken three years ago, in rainy season.

投稿者 hiroshiy : 2004年05月02日 01:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/178

このリストは、次のエントリーを参照しています: インドネシア・メナドの水中写真をアップ:

» PhotoBlox from ダイビングと旅行
Laszlo PhotoBloxというサイトのツールを使うと 無料の、イメージビ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年05月16日 17:34

コメント

投稿者 JohnClark : 2004年05月03日 10:39

メナドのLOG、3年前のなのですね。てっきり、昨年の暮れから今年にかけてのものかと、思ってしまいました。
海中の写真は、いつも拝見していますが、良い色がでてますね。行かれた場所もそうですが、私は、カメラの腕も無いですから、羨ましいといです。「ヨスジフエダイの群れ」などの写真ですが、あれだけ魚影が濃い場合ですと、プランクトンも多いので、結構、ニゴリがあるので、うまく取れないのでは?、それよりも、やっぱりカメラ以前に私の腕の問題か?と、思ったりもします。
ところで、シンガポールからNHで、戻られたようですが、SQからNHへの変更は、「裏書なし」で電話だけでもスムーズにできるチケットだったのですか?
旅行好きとしては、そこにも注目してしまいます。

投稿者 hiroshiy : 2004年05月03日 14:00

JohnClarkさん、いつもどうもありがとうございます。メナドはまた乾季に行ってみたいです。

ニゴリというかハレーション対策ですよね。ワイド写真の場合はいつもそれが一番大変なのですが、一つはストロボを使わないことかなと思います。私の場合は3カット撮って、2カットはストロボ入りで、3カット目はストロボのチャージが間に合わないのでそのまま(露出はもちろん背景に合わせて)で撮ってみています。3カット目が一番キレイに出ていることも多いです。あとはストロボの向きをかなりあさっての方向を向けてみるとか、、、ポートレートと同様、やはりストロボはアクセント程度がよいようです。
私も最初にちょっと習ったくらいでほとんど自分で試行錯誤していますので、初心者の域を出ていないと思います。どこかでフォトツアーとかにでも参加してみようかな。

あとチケットはIATA PEXかビジネスです。年末年始はほぼ絶対。今回の場合もこれで助けられました。変更は電話で理由も説明して予約を入れておいて、当日空港で裏書でOKです。予約を入れておかないと結局席がないってことになりますので。。。ご存知とは思いますがPEXにはIATA PEXでないものもあり、それらは通常他の航空会社に振り替えができませんので、振り替えが可能な路線で遅延の影響を最小限に抑えたい場合は、IATA PEX以上の運賃がベストだと思います。

ちなみにこの時は帰国が1日遅れたため友人の結婚式に出られませんでしたが、たまたまメナド空港で一緒だった日本人の方はシンガポールでさらに2泊させられたそうです。

コメントしてください




保存しますか?