ダイビングと水中写真トップに戻る

« ワールドウォーカー ジーカード | メイン | YSTとGoogleの比較 »

2004年05月31日

Vaio U レビュー (U70)

vgn-u70p.jpg※2006/5/16追記: 最新型キーボード付きVAIO type Uを購入

VAIO type Uをソニースタイルで購入して5月29日に届いてから、使ってみましたので感想というかレビューを書いてみたいと思います。この原稿もVaio U70で書いています。あ、もちろんペンで書いているわけじゃなく、キーボードでタイプしています(笑)。

[購入したもの]
- VGN-U70P (バイオU本体)
- 純正キャリングケース (VGP-CKU1)
- ACアダプター (VGP-AC16V7)
- バッテリーパックS (VGP-BPS1)

[全体]
全体としては、メインPCではなく、とにかく小型のPCがモバイルで必要、またはどこにでもPCを持って行きたい人向けだと思います。また遊びで海外旅行に行く際のお供には最適です。外付けディスプレイを付けて普通のUSBキーボードとマウスがあれば立派なデスクトップPCに早変わりですしパフォーマンスもそん色ないですが、それならこのPCでなくてもいいかも。機動性がとにかくいいですし、寝たまま使えるという意味でちょっとネットサーフィンみたいな用途にもいいと思います。
上記の用途でコストパフォーマンスが見合う方なら絶対「買い」だと思います。

[ディスプレイ]
内蔵液晶ディスプレイは800x600のSVGAですが、5型という小ささなので十分だと感じます。たぶん1024x768のXGAだと文字が小さすぎて使い物にならないと思われます。5型=SVGA、7型=XGAというのが限界なのでしょう。視認性はいままで見たことのあるどの液晶ディスプレイよりもコントラストが高く、黒が締まっており、屋外の明るいところでも十分見えます。屋内でキーボード入力をしないなら、液晶の明るさを最小に落とさないと(ボタンひとつの操作でできます)眩しく感じるほどです。
解像度もボタン一つで切り替えることができ、テキスト入力のように画面を見つめないといけないような場合には640x480のVGAに落として、文字を大きくできます。逆に解像度をSVGAより上げても文字が小さくならないのは大変よく考えられています。仮想ディスプレイ機能は私はあまり使おうとは思いませんでした。おそらく外付けディスプレイ使用時にそういった高解像度を使用するのでしょう。最大1600x1200のUXGAまで対応できます。
液晶保護シートはソニースタイルでも純正品が販売されていますが、私はPDAやノートに保護シートを使わない主義(?)なので、結局何も貼らずに使用しています。専用のフィンスタイラスを使用する限りは、傷はほとんどついていないように思います。多くのタッチパネルデバイスは、シートを貼らない状態でチューニングがされていますので、液晶保護シートを貼ることにより傷からは保護できますが、感度が悪くなったりペンスキップ(手書き入力で線が途切れること)の原因になったりします。

[キーボード]
付属のキーボードはキートップのサイズ的には標準の大きさで、折りたたみ型の超軽量であることを考えればかなりよい出来だと思います。これ単独でサーバー用に欲しい、というのも納得できます。ただいくつか改良すべき点がないわけではありません。例えばキーボードに傾斜がつけられない、キーボードケーブルをしまうことができない、膝の上でキーボードを使うときなどキーボードがロックできず、二つに折れてしまう(Palmの折りたたみキーボードはそんなことない)などです。どれもちょっとした工夫で解決可能なことだけに、今後の課題とも言えるかも知れません。特に私はかな入力なのでG, Hは「き」「く」でかなり使う文字なんですよね。

[CPU, HDD, メモリ]
VGN-U70P (Pentium M ULV 1GHz, 20GB HDD, 512MB Memory)で、基本的にはあまり不自由は感じないのではないかと思います。Office 2003 Standardを入れて使用していますが、サクサク動いております。メモリは将来のことを考えると1GBに対応できるとよかったかも。ちなみに私は付属の「VAIO リカバリユーティリティ」でC, Dドライブに切られていたパーティションを併合し、Cドライブのみにしてしまいました。このほうが無駄なく容量を使える気がします。このユーティリティはなかなかよくできていて、初心者でも間違いなく操作ができるようになっています。

[フィンスタイラス]
U70のようなマシンはペンコンピュータという部類に入るのだと思いますが、ペンコンピュータを使うのに必需品はスタイラスです。こいつでタッチパネルになっている液晶ディスプレイを直接操作するので、画面上のボタンを押したりするのは超軽快です。このフィンスタイラスは持ちにくいという人もいるようですが、私はそんなことはないと思います。ただフィンスタイラスを収納するところがどこにもないのはどうなんでしょうか。絶対に必要なパーツなのですから本体に収納できるようにしておいて欲しいです。下記の純正キャリングケースでバッテリパックSの場合は、ケースとバッテリの隙間にフィンスタイラスを入れてケースを閉じることができます。
ちなみに、PDAユーザーがよくやるように、人差し指の爪の裏でタッチパネルをタップするのはこの機種でもコツをつかめば簡単にできます。

[純正キャリングケース (VGP-CKU1)]
これは付属品ではなくオプションです。このケースは6,279円(税込)もするのですが、あまりお勧めはできません。代替になるものがないので苦しいところではありますが、、、
ケースの作りはわりとしっかりしており、本体を海苔巻きのように覆うタイプです。しかし本体上部にCFスロットがあるため、AirH"のようなCFカードを装着したままケースに入れることはできません。ただケースの外側一面がマジックテープのポケットになっているので、そこにCFカードやUSBメモリ、フィンスタイラスを入れておけばいいというのはなかなか考えられていると思いました。
このケースはポートリプリケータがなくても本体を斜めに立てて置けるようにプラスチック製の足がついています。その場合電源は本体下部から供給することになるのですが、ACアダプタを刺してちょうどよいように設計されています。

[バッテリーパックS (VGP-BPS1)]
これは本体に付属している標準のバッテリと同じものです。長時間の移動を考えるとバッテリー一つで2-3時間はちょっと不安ですが、私の経験上その倍あれば何とかなります。もちろんそれをバッテリーパックLでカバーすることも考えたのですが、やっぱりせっかく世界一軽量なPCなわけですから、それを生かしたいと思いSにしました。国際線の機内なんかでは登場しそうです。

[NextText]
ソニーがVaio type Uで搭載してきたペン用の手書き入力ソフトウェア。中身のエンジンはマイクロソフトのHWX(日本語手書き認識エンジン)だそうで、多少のペンスキップはあるものの認識率はまあまあ。Palmとか使っていること考えたら、漢字がそのまま入力できるのはかなり便利です。また、POBoxとHWXがNextTextでは統合されており、入力しつつ予測候補がどんどんウィンドウ上部に表示されていくのは大変快適です。よく入力するユーザーIDやパスワードもちゃんと覚えてくれていますので、使い込めば使い込むほど使いやすくなるIMEです。私はVaio type Uに内蔵されていたソフトウェアでこれに一番感動しました。
二言注文をつけるとすれば、NextTextウィンドウが開かれる時点で入力しようとしているウィンドウに重ならない位置に表示して欲しい点と、NextTextウィンドウを半透明で表示する機能が欲しい点です。

[VAIO Update]
VAIO Uのソフトウェアを最新に保つためのアップデートソフトです。最初に起動した時点でそうとうの数のアップデートをダウンロードしなければならないのにはビックリ。100MB以上あったのではないでしょうか。ブロードバンド接続がない人はインターネットカフェなどに行かないと無理でしょう。

ちょっとした設定のヒント

[Sony Notebook Setup]にて、[VAIO画面設定]-[ようこそ画面でNextTextを表示する]をチェック。これでWindows XPのパスワード入力画面でNextTextが表示されますので、キーボードがなくてもパスワードロックを解除できます。社内ネットワークでWindowsドメインに参加している人はほぼ必須。

[Sony Notebook Setup]にて、[VAIO画面設定]-[...縮小表示ウィンドウを表示する]をチェック。仕事で大きなサイズのExcelなどを編集しなければならない時に(笑)便利。

[Sony Notebook Setup]にて、[解像度設定]-[外部ディスプレイに表示する時、本機の液晶ディスプレイにも表示する]をチェック。おそらく省電力のために工場出荷時はオフになっていると思われますが、外出時にプレゼンで使う場合は(笑)便利です。プロジェクターの投影を見ながらキーボード入力はちょっとつらい。。。

[コントロールパネル]-[タッチパネル]にて、[詳細設定]-[長押しする事で右クリックとなる機能を使用する]をチェック。これをチェックしておかないとタッチパネルのみでは右クリックができません。

[コントロールパネル]-[マウス]にて、[外付けマルチポインタ]-[プレスセレクトを使用する]のチェックを外す。これがチェックされていると、キーボードをタイプ中にちょっとマルチポインタ(IBMのTrackPointみたいなやつ)に触れただけでクリックしたことになってしまい、うまく入力できません。

[NextText]にて、[アクション]-[編集キー]を選択。これでタッチパネルだけでコピー&ペーストができます。最初はコピペができなくて焦りました。

[PR] Vaio Uにぴったり! ワイヤレスキーボード&マウスならマイクロソフトのBluetooth対応版
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2004年05月31日 02:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/188

このリストは、次のエントリーを参照しています: Vaio U レビュー (U70):

» Vaio U (U70) レビュー from PalmOSLove庵
「ダイビングと水中写真 最新情報」さんに、入手されたソニーの「Vaio Type U」のソニースタイル限定モデルについてのレビューが掲載されています。 この方は旅行に行かれることも多い㮮. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年05月31日 12:12

» Vaio Type U は、どこまで Mobiler の夢をかなえてくれるのか from B-log Cabin TP
さて、ついに Sony VAIO Type U、登場である。正式発売は明日だが、事前予約していた事も有り、無事 U50 を本日入手。某量販店は、発売日前日夜には大体フライング販売をしてくれるので有ギ.. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年05月31日 13:28

» VAIO Type U (VGN-U50) は、PC のミニ・クーパーかもしれない from B-log Cabin TP
先日の、購入当日の VAIO Type U レビューは、主として熱問題のところをストレートに書いて、辛口な部分が多かったせいか、eGadget 好きな友人達からはメール等を通じて 「で、一体 VAIO U50 㮮. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年05月31日 16:21

» VAIO第2章の新エッセンスは『DoVAIO:OUTDOOR』 from YAMAGUCHI.net Blogs
新型VAIOが発表されましたが、VAIO第2章とアナウンスされた新VAIOのラインナップやそのエッセンスは?その魅力をレビューしてみましょう!!... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年06月01日 01:35

» 初トラックバック受けちゃいました from ミートアリーナ the ウォッチングインターネット!
なんと!一日の平均アクセス数10件なこのサイト ダイビングと水中写真 最新情報 様からトラックバックを受けてしまいました どひゃー感動です感動です! と、マジマジとサイトを箮. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年06月01日 22:01

» Vaio U (ŐŤŪ type U) from Krispycube.com
ĪĈĈĤīĩ〓Ď〓〓ćσªċĊăĆĤībSONY Ď〓〓 PC VAIO type U Ď〓〓ċb〓〓〓〓〓ķĞķĿc āăā〓AjŚųb〓Ċ〓AjJ〓Ď〓ğĿĤĊ〓ćb〓〓ď〓ĪīĈ〓ăĿcccK 〓ĻĆĢĩăĿĎďbŽŋ|Ź〓ŤūŢŇūĎVGN-U70P c Windows XP Pro... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年06月02日 02:10

» 目的にあったノートパソコン購入を支援しています! from 後悔しないノートパソコン購入講座
最近のVAIOいいですよね!特にTypeSは圧巻です。グラフィックカード搭載、あのスペックでコストを最小に抑えている気がします。あとはLet`sNote並のバッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月02日 19:09

コメント

投稿者 いしげ : 2004年06月01日 00:59

レビュー大変参考になりました。注文してしまいそうです。
何点か教えてください
(1)ATOKをインストールするとNextTextは使えなくなるのでしょうか?
(2)リカバリーCDでパーティション結合するにはUSBの外付けCD-ROMドライブを使うのでしょうか?
(3)バッテリーの実際の持ち時間がわかればまたの機会にUPしていただけるとありがたいです
よろしくお願いいたします

投稿者 hiroshiy : 2004年06月01日 01:13

どうもです。分かる範囲で、、、
(1) ATOKは入れたことないので、ちょっと分かりません。
(2) パーティションを結合するだけなら外付けのドライブは必要ありませんでした(リカバリ領域は残ります)。リカバリ領域も含めてHDDを一つのパーティションにする場合には、やはりリカバリCDを使用するのですが、リカバリCDを作成するためには純正のドライブでないとだめなようです。リカバリーCDって使ったことないのですが、普通にHDDのリカバリ用パーティションから復活するほうが便利?
# PCGA-DVRW1, PCGA-DDRWのどちらかが必要です。リカバリCDからブートするだけなら汎用CD-ROMドライブで十分です。
(3) 今のところバッテリーがなくなるまでは使っていないのですが、思ったより持つ印象です。2時間近くいけるのではないでしょうか。

投稿者 ケソスケ : 2004年06月01日 12:05

電池が2時間しか持たないのは使っていて不満ですか?
そこだけが引っかかるんですよね。

投稿者 いしげ : 2004年06月01日 14:30

早速のレスありがとうございました
(1)
NextTextを使う場合とIMEやATOKを使う場合の使い分けがどうなるのかわからなかったのですが、漢字入力する場合キーボードをつけていればIMEが起動して、キーボードレスの場合はNextText、というイメージなんでしょうか?
(2)
私は、もし買ったら試しにPCGA-CRWD1というi-Link対応のCDRW VAIO外付けドライブをつなげてみようと思います。
ドライブ用にACアダプタを買わなければいけませんが。。。
(3)
ACの無い環境で2時間も持てば十分かもしれないですね
ACアダプタは携帯することになると思うので
Lバッテリーを持つより軽そうですから・・・
SバッテリーでLくらい持ってくれると言うこと無いんですがぁ
ありがとうございました

投稿者 meet : 2004年06月01日 21:35

トラックバックなんて頂いてしまって恐縮で御座います

標準バッテリーの持続時間について、カタログ通りは持つという事で少し安心しました
先代のUに一番働いて貰ったのが国内線の機内、でしたので
U50もそれぐらい持つんだったら映画一本何とか入れておいてもいけそうですね

NextTextについてですが
今まで、主にPDAのペン入力補助ソフトを使っていたのですが
正直、あまり役に立たないという事が多かったんですけど
コレはなかなか賢そうでかなり惹かれます
ケータイ端末でもPoBOXファンでして、これは良い情報を頂きました

投稿者 hiroshiy : 2004年06月01日 23:30

ケソスケさん、いつもサイト拝見しております。私もああいう風にサイトデザインが自在にできればな、、、
バッテリーですがU70で3時間は持たないにせよ、2時間程度は持っているように思います。私は出先で少しずつ充電しながら途中でバッテリーで仕事をしての繰り返しを毎日行っていますが、充電と充電の間隔が2時間近くあいてもなんとかバッテリーが保っています。十分な持ち時間とはとうてい言えないと思いますが、私は我慢できるギリギリで許可の範囲内だと思います。

いしげさん、(1)はその通りだと思います。ペン入力の際はNextTextで、キーボードの際には好きなIMEが使えると思います。ただMSIMEであまり不満に思ったことはないのですが。

meetさん、ぜひNextTextは使ってみてください。「お世話になっております。下記了解いたしました。」くらいだったら、数秒で入力できますよ。最初の一時間程度我慢して使えば、すぐにPOBoxの予測変換が書き癖をを覚えてくれて快適になります。PalmでPOBoxが好きだった方は、きっとなじめると思います。
# 私はPalmをPilot 5000の時代から使ってましたが、最近のPalmとかでPOBoxを動かすよりよほど快適。

投稿者 いしげ : 2004年06月01日 23:55

レスありがとうございます
店頭でU50を触りましたが、携帯用キーボードはなかなかのできですね。でもデスクトップの代用とした場合はちょっと打ちにくそうでした。
キーボードだけThinkPadウルトラナビ付きにしたらかっこいいかもしれません(笑)

投稿者 タルタル : 2004年06月05日 14:47

無茶なことは十分承知の上なんですが
FF起動できると思いますか?w

投稿者 hiroshiy : 2004年06月05日 15:25

タルタルさん、以下のサイトによるとFF XIが動作するようですよ。
http://www.h5.dion.ne.jp/~kaira/

メニューの[WinでFFXI]-[VAIO UでFFXI]で報告を見つけることができました。私はゲーマーじゃないので、詳しくはそちらのサイトをご覧になってみてくださいね。

コメントしてください




保存しますか?