ダイビングと水中写真トップに戻る

« ミネラルウォーターの宅配 | メイン | マーシャル諸島の水中写真 (海の壁紙) »

2004年08月07日

alfa 166 ドライブシャフトブーツ交換

seta-works.jpg先日のABS警告灯の原因が判明しました。8月3日にアレーゼ田園調布ワークスでチェックしていただいたところ、左前ホイール側ドライブシャフトブーツがなんと存在しないことが判明しました。ドライブシャフトブーツとは、エンジンからのパワーを伝えるドライブシャフトという軸があるのですが、その軸とタイヤを連結する部分(等速ジョイント)を保護するカバーのことです。FFや4WDのように(アルファ166はFF)前輪で駆動もしてハンドルを切る部分は非常に複雑なので、水・砂や小石などから守るため、蛇腹状のブーツを装着しています。ドライブシャフトブーツ内にはグリスが入っています。

通常、ドライブシャフトブーツが劣化すると、ひび割れができたり亀裂が入ったりして、グリスが漏れたり飛び散ったりします。ABS警告灯の点灯は、この飛び散ったグリスがセンサーに付着していたことが直接の原因でした。ところがブーツがないというのは不思議ですね。割れて飛んでいってしまったんでしょうか。。。そういえば、警告灯が点灯した瞬間に「ポコン」という感じの音がしたような気がしますが、その時が最後だったのかも知れません。まさかそんなことになっているとは知らず、そのまま結構な距離を走ってしまいました。

その結果、アレーゼ田園調布ワークスさんの診断は、「ドライブシャフトとドライブシャフトブーツの交換」。結局、グリス不足のためドライブシャフトにも少し傷が入ってしまっており、異音などはないものの交換したほうがいいそうです。現在入庫中なので、修理が完了したら明細をアップしたいと思います(目が飛び出るはず)。

8/9追記: 昨日、下記のとおり修理が完了しました(涙)。
左ドライブシャフト 64200円
左フロントスピードセンサー 6900円
工賃 20000円
@チェッカーモータース アレーゼ田園調布ワークス

[PR]アルファロメオ・プジョーなど、最新新車試乗レポートはこちら
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2004年08月07日 14:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/202

コメント

コメントしてください




保存しますか?