ダイビングと水中写真トップに戻る

« MacでA5504T + Bluetooth | メイン | デジタルカメラ比較 2004年9月版 »

2004年09月03日

ポップアップ ブロッカー XP SP2

xpsp2.JPG昨日よりWindows XP SP2(サービスパック2)が利用可能になりましたので、早速私の会社でもダウンロードしていくつかのPCにインストールしてみました。私のVaio type Uでは全然問題ありませんでしたが、中にはインストール後の再起動で一部のサービスがGPFしたりなど、アンインストールせざるを得ないPCもあったようです。今回のWindowsXP SP2の主なポイントは二点あり、Windowsファイアウォールと呼ばれるセキュリティ保護の強化と、Internet Explorerのポップアップ ブロック機能です。

WindowsファイアウォールはSP2以前にもありましたが、SP2をインストールするとこれがデフォルトで強制的にオンになります。また今までのインターネット・セキュリティソフトとは異なり、コンピュータの起動時からシャットダウン中の時点までファイアウォールが有効になりますので、より強固にPCを保護することができます。内向き(インバウンド)のトラフィックはデフォルトではMSN Messengerとリモートアシスタンスしか許可されておらず、アプリケーションごともしくはポートごとに許可を追加することができるようです。モバイルで公衆無線LANなどを利用する人には安心ですね。

さて二番目のポップアップ ブロッカーは結構厄介です。Googleツールバーなどにも実装されているのでご存知の方も多いと思いますが、ブラウザでクリックしたときに別のウィンドウがポップアップするのを防ぐ機能です。ポップアップが好きじゃない私は大歓迎。でもこれ、「デフォルトで最初からオン」になっているのですよね。私の取引銀行のシティバンクのサイトもInternet Explorerにポップアップがブロックされて、ログインすらすることができませんでした。ポップアップブロッカーを一時的に無効にするには、Ctrlキーをクリックする時点からポップアップが開くまで押し続ければいいだけなのですが、、、このせいでWebサイトを改修しなければならない企業も出てくると思われます。なお、特定のサイトでポップアップをブロックしないようにするには、サイトごとにドメイン名を登録しておくことができます。例えばシティバンクの場合は、「www6.citidirect.citibank.co.jp」を[許可されたサイトのアドレス]に登録すればOK。「citibank.co.jp」のようにドメイン名の一部だけを登録するのはだめなようです。

# ちなみにVaio UのようにキーボードなしのPCだと「Ctrlを押しながら」が操作できないです。
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2004年09月03日 02:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/209

コメント

コメントしてください




保存しますか?