ダイビングと水中写真トップに戻る

« ポップアップ ブロッカー XP SP2 | メイン | HDDビデオカメラ GZ-MC100 GZ-MC200 »

2004年09月11日

デジタルカメラ比較 2004年9月版

iconiconスナップ用のコンパクトで気軽なデジカメの機能を比較する、デジカメ比較の9月版です。デジカメ比較のサイトはいろいろあるようですが、仕様や色、一般的な激安店での価格やメディアでのレビュー(評価)などの情報を一覧できる形式にまとめて公開します。もし間違いや情報追加のご要望がありましたらメールかもしくはコメントでお知らせください。継続的に更新できるかどうかはわかりませんのでそのあたりはご了承ください。

最新版: デジカメ比較 2005年7月版を公開しました。
購入するデジカメは水中でも利用するかもしれませんので、一応マニュアルWB(ホワイトバランス)の有無と、純正ハウジングの有無を情報として入れておきました。水中写真・水中撮影デビューという方は、少なくとも純正ハウジング(水中でデジカメを使用するための防水ケース)が用意されている機種に絞って検討したほうがいいと思います。もちろんどんな器材だろうとハウジングはカスタムメイドで製作してもらえますが、純正ハウジングは圧倒的に安いです。こうやって見ると、数年前とは隔世の感があり、ほとんどの売れ筋機種ではハウジングが用意されているんですね。

一口にデジタルカメラといっても上は一眼レフから下はおもちゃまでありますので、デジカメ比較表は以下の条件に基づいて作成しました。
  • コンパクトであり、ある程度薄型で軽量。収納時にレンズ部が本体から大きく出ているものは含めない。
  • 300万画素以上。
  • 光学ズーム3倍以上。デジタルズームは画質が悪化するため評価の対象としない。ズームなしのデジカメもよく売れているが、特にモノの撮影でズームはとても重宝するので、ズームカメラ限定とする。
  • 現行モデルで比較的新しいもの、かつ一般向けモデル。マニア向けのモデルは含めない。
価格は、上記の条件である程度限定されてしまうと思いますが、一応無制限としてモデル絞込みの対象にはしていません。なお表に入れてある「価格」は調査時のPCサクセスでの価格ですので、変動することはもちろんのこと、他店と条件をよく比較して購入されることをおすすめします。

※注、「重量」は電池などを除いた重さ。「マクロ撮影範囲」は画面一杯に写すことのできる被写体のサイズで、単位はmm(数字が小さいほど、小さいものが大きく写る)。「レリーズタイムラグ」は、シャッターを半押ししてフォーカスが合っている状態でシャッターボタンを押し込んだ時点から、実際に画像が記録開始されるまでの時間。「液晶サイズ」の単位はインチ/画素数。「撮影可能枚数」は完全に充電されている電池を入れて、ある条件に基づき撮影していった場合の最大撮影可能枚数。CIPAが定めた基準に基づいて測定している場合とそうでない場合がある。「fps」は動画撮影時、その解像度(解像度が640x480なら30万画素)における一秒あたりのフレーム数。ちなみに通常のビデオカメラは640x480の30fpsくらいと考えてよい。「CCD」は撮像素子の大きさで、1/1.8インチ(大きい)のほうが、1/2.5インチ(小さい)より一般的に画質がよく、暗い部分のノイズが少ない。「ワンポイント」は私の独断による一言コメント。
※動画をメインに考えるのであれば、動画撮影中にオートフォーカスとズームが使用できるかどうか、実機で確認したほうがよい。ビデオカメラでは当たり前のこの機能も、未だにデジカメでは十分なレベルに達していない。
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2004年09月11日 18:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/210

このリストは、次のエントリーを参照しています: デジタルカメラ比較 2004年9月版:

» デジカメとビデオカメラの境界線 from Residente di Eden
現在私は、ビデオカメラ1台、デジカメ2台体制でほぼ安定しています。 ビデオカメラは長男が産まれた際に購入したSONY DCR-TRV10 デジカメは商品撮影用に一眼レフデジカメOLYMPUS E-10 ス㮮. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年01月22日 22:50

» 今週のテーマは、「お気に入りのデジカメ」 from ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
3月から4月は涙あり、笑いありのシャッターチャンス満載の行事目白押し。皆様、そん... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月14日 11:35

コメント

投稿者 UZO : 2004年09月23日 00:25

こんにちは。未だ決めかねています。CANONからはIXY DIGITAL 50/40というDiGiCII搭載の動画30fps/60fps可能な機種が出たものの、ハウジングがオールウェザーケースに変更され水深3mまで・・・と非常に残念です。なかなかうまくいかないですね。

投稿者 hiroshiy : 2004年09月23日 02:19

UZOさん、新製品情報ありがとうございます。キヤノンの新製品はCCDが全部1/2.5インチになってしまって、なんだか特徴がなくなってしまいましたね。。。水中写真用のシーンモードが三機種とも搭載されていますから、ちゃんとしたハウジングが出ることを期待したいです。

投稿者 UZO : 2004年10月26日 15:52

結局、コンパクトデジカメは借りてハウジングだけ自前で用意しました。それにしても水中写真って難しいですね。ピントは外すわ、ボケるわ、フラッシュ等も期待したように焚かれずでした。色も青みが強すぎちゃいます。残念。次回はもっと気合を入れてからチャレンジです。

それで、まだコンパクトデジカメは探しているのですが、IXY DIGITALの500後継が出るような気もしますので、とりあえずそれを待とうかと思ってます。出ればDiGiCIIが搭載されそうですし、手軽に写真と動画が撮れそう(ハウジングも40m耐圧でしょうし)。

*ほんとは、D70を沈めてみたいのですが…予算が(^^;

投稿者 hiroshiy : 2004年10月26日 22:41

UZOさん、水中写真は以前別の記事でも書いたかも知れませんが、とにかくビデオがラクです。写真ということになると、一眼レフのほうが合焦も速いですし、レリーズタイムラグも少ないし、フラッシュもTTLで期待通りだし、実は全然そっちのほうが簡単なんです。このサイトに掲載されている写真も、構図は自分なりに考えていますが(笑)、撮影のほうはほとんどオートです。

水中専門ならD70用のハウジングと水中用のストロボがi-TTL対応するまで待ち、またはEOS 20D用のハウジングとストロボがE-TTL対応する(こっちは出ました)まで待ちではないかと。。。

コンパクトで簡単に青カブリを避けたければ、ビデオライトを使用すると便利です。30cmくらいしかライトが届きませんが、画面で確認できるので確実です。

投稿者 alfamac : 2005年01月22日 23:06

こんにちは。TBさせて頂きました。
私もデジカメ動画のズームに一度泣かされました。(SONY T1購入)
そこで、デジカメ動画の比較表なるもの作りましたので一度見に来て下さいませ。
それにしてもズーム付かない動画なんて、ほとんどオマケにしかなりませんよね。(^.^)