ダイビングと水中写真トップに戻る

« 海外携帯電話 SIMロック Q&A 過去ログ#7 | メイン | Orange SPV C550 (Windows Mobile for Smartphone) 日本語化 »

2005年09月19日

海外ローミング ロサンゼルスにて

att_logo.gifcingular_fyb.gif今年も2003年と同様、10/11よりPDCに参加するため、ロサンゼルスに来ています。今回は非常に忙しく現地でレポートする時間がありませんでしたので、ロサンゼルスでのGSM海外ローミングの状況報告を帰りの機内で書いています。ここアメリカではGSMは850MHzと1900MHzのみでの展開となっており、この周波数をサポートしている携帯電話でないと利用できません。今回はeBay.co.ukで入手したOrange SPV C550(900/1800/1900のトライバンド)を使用したので、1900MHz帯でのレポートとなります。

# 余談ですが、アメリカは携帯電話の急激な普及が先進国の中では最も遅かったので、セッション中にスピーカーの方が話しているのに、着メロを鳴らしている人々が多いです。また会場ではマイクロソフトのサポートでWindows Mobile搭載のHTC Universal(i-mate JASJAR)が、200台限定で$149で販売されました。残念ながら手に入れることはできませんでした。。

アメリカでは、850MHz帯にAMPSアナログとTDMAデジタルとGSM、1900MHz帯にTDMAデジタルとCDMAとGSMの全部で6つの種類が利用可能になっており、1900MHzは一時期PCSと呼ばれていました。一般的に言えることですが1900MHz帯は建物の中などに弱く、日本のようなわけにはいきません。また最近800MHzのGSM(GSM 850と言いますが、もともとアナログやTDMAで使われていた800MHzの周波数とまったく同じです)が多くのマーケットで採用されてきています。ただ日本人から見るとアジアやヨーロッパでは900MHzが必須なので、アメリカで売られているような850/1900のデュアル機は困ります。今後、850/900/1800/1900の4バンド機が利用できるようになっていくと思われます。

[ドコモ WORLD WING]
WORLD WINGの海外ローミングパートナーはCingular/AT&T WirelessT-MOBILEの二社ですが、ロサンゼルスダウンタウン(中心部)ではT-MOBILE自社のネットワークがなく、T-MOBILEはCingularのネットワークを利用します。2003年にはAT&T Wirelessしか利用できませんでしたが、今年はどちらのネットワークでも発着信が可能でした。しかしAT&T Wirelessを選択しても端末にはCingularと表示されるなど、かなり不思議な感じでした。
GPRSによるデータ通信は、残念ながら接続ができませんでした。N900iGを持っていったわけではないので自信がありませんが、moperaのAPN(=携帯電話に設定するパケット通信専用のコード)を設定しても、APNがinvalidだというエラーがどちらのオペレータでも表示されてしまいました。ドコモのFAQにもあるように、日本国内と同様携帯電話ブラウザ用APNを公開していないので、利用できないという問題のように思います。ただこのように先進国でもデータ通信ができなかったり、海外ローミングそのものができないケースも多いので、バックアップは準備しておいたほうがいいと思います。

[ボーダフォン3G]
ボーダフォン3Gの海外ローミングパートナーはAT&T WirelessT-MOBILEでWORLD WINGと同等で、こちらも両オペレータでローミング発着信が可能でした。GPRSによるデータ通信も両オペレータで問題なく、702NKで日本にいるのとまったく同じ設定のままでメールやWebにアクセスできました。これくらい簡単なら一般の方にもお勧めできそうですね。

[O2のポストペイドSIM]
このSIMは本当にどこでもしっかりとローミングをサポートしてくれ、海外旅行者には緊急用として心強いです。ただし、月極めの費用がかからない代わりに一分間あたりの通話料は非常に高額になりますので、注意してください。ロサンゼルスでも問題なくAT&T Wireless/Cingular両オペレータで発着信できました。GPRSはサポートされていません。なお、このSIMはモベルコミュニケーションズ社で取り扱い。

[T-MOBILEのポストペイドSIM]
今回もメインで使用したのは、T-MOBILE USAのポストペイドSIMです。データ通信のローミングがボーダフォン3G並みにしっかりしているのと、米国では当たり前ですがすべてのサービスが受けられますので、米国出張の多い方はこれを検討してもよいと思います。ロサンゼルスでは2003年と同じく、AT&T Wirelessは接続不可(競合ですから当たり前ですね)、Cingularでは発着信OK、GPRSもOKでした。私の料金プランではGPRSのサービスとWAPのサービスはt-zonesとして一つのパッケージになっており、切り離して契約することができません。使い放題で月額$4.99という料金体系ですので、日本では3,900円以上ということを考えると激安と言えます。

T-MOBILEのポストペイドSIMでCingularでローミングする際の設定は以下のようになります。今回はWindows Mobile for Smartphone 2003 Second Edition搭載のSPV C550(中身はHTC Hurricaneです)なのでもちろん手動で設定しましたが、ノキアやソニーエリクソンなどのメジャーなブランドの携帯の場合は、各社のWebサイトにあるコンフィギュレータを利用すると便利です。これは、Webサイトで利用するオペレータと自分の電話番号を入力すると、SMSで設定を送ってくれるというものです。SMSが届いたら、Yesを押すだけで正しい設定ができます。

>>使用したSIM: T-MOBILE (米国契約)
>>接続したオペレータ: Cingular (ロサンゼルス)
[GPRS接続]
→Start-Settings-Data Connections-Menu-Edit Connections-GPRS Connections
→このメニュー下にT-Mobile用のGPRS設定を作成し、編集します。
設定名: T-Mobile GPRS(例)
Connects to: The Internet
Access point: wap.voicestream.com
User name:
Password:
Primary DNS: 216.155.165.50
Secondary DNS: 216.155.165.50
IP address:

[PROXY接続]
→Start-Settings-Data Connections-Menu-Edit Connections-Proxy Connections
→このメニュー下にT-Mobile用のプロキシ設定を作成し、編集します。
※T-zones契約ではプロキシを設定しないとウェブにアクセスできないようです。
設定名: T-Mobile Proxy
Connects from: The Internet
Connects to: WAP Network
Proxy (name:port): 216.155.165.50:8080
Type: HTTP
※この設定で、一般のWebサイトにアクセスできます。WAPのサイトにWSPでアクセスするためにはProxyを216.155.165.50に、TypeをWSPに設定します。
User name:
Password:

[接続の設定]
→Start-Settings-Data Connections-Menu-Edit Connections
Internet connection: T-Mobile GPRS(上記で設定したものを選択します)
WAP connection: T-Mobile GPRS(上記で設定したものを選択します)

[Internet Explorerの設定]
→Menu-Options-Connections
Automatically detect settings.: チェックを外す(uncheck)
Select network: WAP Network

[MMS設定]
→Start-Settings-Data Connections-Menu-Edit Connections-GPRS Connections
→このメニュー下にT-Mobile用のMMS設定を作成し、編集します。
設定名: T-Mobile MMS(例)
Connects to: MMS Network
Access point: wap.voicestream.com
User name:
Password:
Primary DNS: 216.155.165.50
Secondary DNS: 216.155.165.50
IP address:

※以下ややこしいので注意
→Start-Configurations-MMS Settings-Menu-MMSC Settings
→このメニュー下にT-Mobile用のMMSC設定を作成し、編集します。
Name: T-Mobile MMS
MMSC URL: http://216.155.174.84/servlets/mms
WAP Gateway: 216.155.165.50
Port: 9201
Connect Via: MMS Network
Max. Sending Size: 100K
WAP Version: WAP 1.2

なおこのSIMは日本ではCell Quest社にて取り扱い。

[PR]海外電気CLUBで海外向け携帯電話の価格をチェックする
[PR]格安から5ツ星まで約4,200都市・50,000軒 JTBの海外ホテル
[PR]エアラインクルー御用達バッグから機内安眠グッズ・カギ・海外用プラグまで全部OK?
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2005年09月19日 18:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/262

コメント

コメントしてください




保存しますか?