ダイビングと水中写真トップに戻る

« ETCマイレージとETC前払い割引の使い分け | メイン | Bluetoothヘッドセット Explorer 320 »

2006年01月14日

ニコン、フィルムカメラ事業から撤退

catch_01.jpgとうとうニコンフィルムカメラ事業から撤退というニュースが流れてしまいました。ニコンの公式サイトには掲載されていませんが、正式発表です。私はF100を水中写真に使っていてカメラには満足していますが、だんだんとレンズもなくなっていってしまうかと思うと、早いうちにデジタルに移行しなければならないのかな、、と心配になってしまいました。

Tackett夫妻のThe Essential Underwater Photography Manualにも書かれていますが、水中で大きな魚や群れ、サンゴなどを含む風景をワイドに撮影する場合、ストロボのTTL調光がかなり必要になる、と私は感じています。TTL(Through-The-Lens)調光とは、ストロボの発光量をシャッターを切っている間に実際にカメラが測定しながら、被写体に適正な量の光が当たるように制御することです。いろいろな技術的理由から、デジタル一眼レフではまだ、この機能を実現できる水中での組み合わせ(デジカメ本体、ストロボ、ハウジングなど、、)があまり存在せず、選択肢が非常に限られているのです。もうこうなったらD200のハウジングが出るまで待って、TTL調光非対応ならSB-800のハウジングもろともカスタムで作るか?? 100万以上かかりそうですね。
CNET Japanより:

ニコン(刈谷道郎社長)は1月11日、フィルムカメラ事業を大幅に縮小すると発表した。フィルムカメラ本体、マニュアルフォーカス交換レンズ、アクセサリー類の一部製品を除き生産を中止し、在庫がなくなり次第販売を終了する。フィルムカメラの需要が縮小する一方、拡大するデジタルカメラ市場で「市場の見通しに沿った経営判断」(ニコン広報部)として、デジタルカメラ事業に経営資源を集中する。
以下の表がニコン発表による生産継続リストです。AFレンズは発表にありませんが、デジタル一眼でも使えるものが多いので、AFレンズについては生産継続と考えてよいのではないかと思います。
継続されるフィルムカメラのラインアップ
カメラボディー F6
FM10
マニュアルフォーカス交換レンズ AI ニッコール 20mm F2.8S
AI ニッコール 24mm F2.8S
AI ニッコール 28mm F2.8S
AI ニッコール 35mm F1.4S
AI ニッコール 50mm F1.2S
AI ニッコール 50mm F1.4S
AI マイクロニッコール 55mm F2.8S
AI マイクロニッコール 105mm F2.8S
PC マイクロニッコール 85mm F2.8D
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2006年01月14日 19:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/272

このリストは、次のエントリーを参照しています: ニコン、フィルムカメラ事業から撤退:

» ニコンがデジカメに特化? from 中年オヤジのやり直し外大生日記
 本日の新聞各紙やWebニュースでいろいろ報道されていますが、ニコンが事実上フィルムカメラから撤退するようですね。複雑な気持ちです。とはいっても、ニコンがフィル... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月15日 23:41

コメント

コメントしてください




保存しますか?