ダイビングと水中写真トップに戻る

« 海外携帯電話 SIMロック Q&A 過去ログ#8 | メイン | SkypeIn、日本での提供開始 »

2006年02月13日

ノキア、サンヨーと携帯電話で合弁会社

nikkeibp.jpより:

経営再建中の三洋電機が、世界最大手の携帯電話メーカー、ノキアと設立する合弁会社に携帯電話事業の一部を移管することが「日経ビジネス」の取材で明らかになった。三洋電機は単独での開発、設備投資が難しいためノキアの出資を仰ぐ。一方、ノキアは合弁を通じて日本市場に本格参入することになり、国内携帯電話市場にも大きな影響を与えそうだ。

合弁会社の出資比率は、三洋電機51%、ノキア49%の方向で最終調整している。新会社に移管するのは米国などで普及している第三世代携帯電話の規格「CDMA2000」向けの端末事業。国内ではKDDIが採用している。NTTドコモなどに供給している「W-CDMA」向け端末は三洋電機本体に残す見通し。
これは面白い展開か? かなり気になりますね。北米のCDMA2000+日本のauのマーケットが対象。これでノキアがauにも参入してくれると、日本の携帯電話も国際標準化が進んでよいと思います。今のP902iなど、マルチタスクは完全ではないですし、Outlookとの同期も時間がかかりすぎてほとんど使い物にならず、Bluetoothとかの実装も怪しい、、と、ビジネスユースをあまり意識していないような。
(English follows...)
NOKIA plans to form a cellular phone manufacturing JV with SANYO

SANYO Electric, under the restructuring pressure, will transfer some part of the cellular phone business unit to NOKIA, the largest phone manufacturer in the world, SANYO spokesman told Nikkei Business. SANYO will receive NOKIA investment into the JV as it became difficult for SANYO to keep the cellular business without external financing. NOKIA, on the other hand, is going to enter the Japanese market in full scale, resulting in a big impact on Japanese cellular phone market.

The JV, 51% owned by SANYO and 49% by NOKIA, will be responsible for CDMA2000-compatible handset business, which is widely adopted in the United States and Japan (by KDDI). W-CDMA compatible handsets, supplied to NTT DoCoMo, will remain in SANYO.

投稿者 hiroshiy : 2006年02月13日 23:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/277

このリストは、次のエントリーを参照しています: ノキア、サンヨーと携帯電話で合弁会社:

» 三洋電機とノキア、携帯電話事業で新会社設立 from 新聞記事・ニュース批評@ブログ
 日本の携帯電話は特殊で国際的な標準からは外れていました。そのため、海外の携帯電話メーカーは日本に進出しにくく、日本のメーカーは海外に進出しにくかったのですが、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月14日 21:20

» NOKIAとサンヨーのコラボレーション from Nitty-Gritty
 NOKIAと言えば、北欧の携帯電話端末会社として世界的に有名な会社です。世界で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月14日 23:25

» 三洋電機とノキアが合弁会社を設立(携帯電話で提携) from ブログで情報収集!Blog-Headline/life
「三洋電機とノキアが合弁会社を設立(携帯電話で提携)」に関連するブログ記事から... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月15日 00:11

コメント

投稿者 joe [TypeKey Profile Page] : 2006年02月14日 18:30

こんにちは。
本日、正式にプレスリリースが出たみたいですね。

今回のこの合弁会社がきっかけとなって
auICカード対応機国内版って感じの、いわゆるsim対応機が出て欲しいなぁ~などと考えております。
そしていつかは日本でも携帯本体のビジネスが成り立って、好きな携帯で好きなキャリアを使って会話する・・・
そんな時代が来たらいいなぁ~と妄想しております。

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2006年02月16日 17:33

joeさん、
今後何が起こるかわかりませんが、ノキアさんも利幅の大きい商品やサービスにシフトしなければならない状況にあって、日本市場は気になっているのでしょうね。ビジネスターゲットで、しっかりマーケティングされた機器が少しずつ浸透していくものと思います。Pocket PCも最初はB2Bからでしたから(今でもそうか)。。

コメントしてください




保存しますか?