ダイビングと水中写真トップに戻る

« VAIO typeU (VGN-UX90PS) | メイン | Bluetoothキーボード »

2006年06月04日

VAIO typeU レビュー

VAIO typeUが届いてから数日が経ちますが、そろそろ使い方もわかってきたのでレビューしたいと思います。VAIO typeUの概要やスペックについては、VAIO typeU (VGN-UX90PS)をクリックしてください。なお、レビュー項目については、気づいた時点で随時追加していきますが、何か質問があればコメントでリクエストください。

[VAIO typeU レビュー: よい点]
  • 小型軽量のスーパーモバイルPC。150.2mm x 95mm x 32.2mm、標準バッテリーで520g(3.5時間)、大容量バッテリーで620g(7時間)。仕事で使うなら大容量バッテリーは必須に近いかも。立ったまま使えるし、ぱっとしまえます。私は大容量バッテリーしか使っていませんが、一日ときどき充電しながらの使用で、電池切れにはなっていません。
  • 1024 x 600の液晶自体はかなり明るく、綺麗です。
  • ズームボタンが使いやすい。1.5倍ならほとんどの作業が快適にこなせます。ズームしたまま入力もマウス操作も可能です。文章を書くのはキーボードのせいでちょっとつらいですが、ズームしていれば文字が見えにくいことはありません。
  • 本体前面にカメラがついているので、Skypeなどでテレビ電話が簡単にできます。内臓カメラがあるとこんなに便利だとは思いませんでした。
  • 指紋認証によるWindowsログオン。パスワードを入れる代わりに、指紋センサーで指をスライドさせるだけでログオンできます。スタンバイを多用するモバイルPCでは、スタンバイから回復するときにパスワードを要求するように設定していても、ワンタッチでパスワード画面を通過できます。一部のウェブページでもこの機能が使えますが、使えないサイトも多いので注意が必要かも。
  • Bluetooth内臓なので、オフィスではBluetoothキーボードとBluetoothマウスを無線接続して、VAIO typeU付属のディスプレイ/LANアダプターで外部ディスプレイを使えば、そのままデスクトップPCに早変わり。
  • キーボードは発光するので、暗いところでもキーが打ちやすい。これは案外重要です。
[VAIO typeU レビュー: 悪い点]
  • 大容量バッテリーを装着すると本体の幅が少し大きくなるので、キーが打ちにくくなります。キーボードは両手で本体を持ち、両手の親指でプチプチタイプする感じですが、シフトキーとコントロールキーが左側にしかないので、英字の大文字やコピーペーストがやりにくいです。
  • レビューとしては厳密には悪い点ではないと思うのですが、画面に表示される文字は、やはりかなり小さいです。40代以上の方だと、文字のサイズを「中」にした状態でGoogleの検索結果画面などは、読めないのではないでしょうか。
  • Enterキーが他のキーと同じ大きさで、打ちにくい。
  • かなが印字されていないので、かな入力が困難。私はかな入力ですが、VAIO typeUではローマ字入力です。
  • レビューとしては小さいことですが、付属のVAIO typeUを入れるポーチが、大容量バッテリーを装着したVAIO typeUにはちょっと小さすぎて、ふたがきちんと閉まらない。また、データ通信カードやUSBメモリなどを入れるポケットがないです。先代のVAIO typeUにはあったのに、、
  • スタンバイ状態が、ポートリプリケータをまたがると、動作が不安定になる。例えばポートリプリケータにVAIO typeUを装着した状態でスタンバイに入れ、VAIO typeUをポートリプリケータから外してからスタンバイを解除すると、問題が起こりやすいです。
  • 小型のUSBキーボードをVAIO typeUと一緒に持ち歩くと便利だが、実際に長めの文章を入力してみると、本体が立たないので画面がちょっと見にくい。VAIOオーナーメイドモデルにはスタンドが付属していますが、これは角度が急すぎるように思います。何らかの調整可能なスタンドを本体に内蔵してもよかったのでは、と思います。
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2006年06月04日 01:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/286

コメント

コメントしてください




保存しますか?