ダイビングと水中写真トップに戻る

« プロバイダメールを携帯に転送 モバセク無料版スタート | メイン | HTC Advantage X7501 (HTC Athena)レビュー »

2007年11月02日

マセラティ クアトロポルテAT

マセラティ クワトロポルテ 画像12007年5月末に7年近くもほとんど毎日乗っていたアルファ166を致命的な故障のため手放すことになり、しばらく電車移動の日々が続きました。アルファ166は動力性能という意味ではそれほどではありませんでしたが、デザインも色も運転した時の感覚も気に入っていて、できれば修理して永く乗りたかったのですが、10万km越えということと修理部品の価格(7桁です)・期間(輸入に約2-3ヶ月)に挫折してしまったのです。

4ヶ月悩んで決めた車はまたまた不人気車(!?ディーラーさんごめんなさい、どっちかというとマイナー車か?)のマセラティ クアトロポルテAT(オートマチック)です。結局デザインでほぼ決めてしまいました。クアトロポルテは今年に入ってからオートマチック版が発売されたのですが、2004年から販売されているデュオセレクト(MDS)というセミオートマチックとは異なり、本当に普通のZF製オートマが装備されていて、運転は何の知識もコツも必要ないくらい簡単です。デュオセレクトはミッションが車体後部に配置されているトランスアクスル方式を採用していて、つまるところマニュアルと同じクラッチがあり、それをコンピュータで自動制御しているだけなので、アクセルに対する反応としてはダイレクト感が感じられそうなので興味があったのですが、、
  • デュオセレクトを試乗してみたところ、特に20km/h以下の低速での挙動がかなりギクシャクして問題がある。またシフトダウンはかなり上手だがシフトアップが、、シフトアップ操作そのものは上手いけど、アクセルとのタイミングが合わない。例えばアクセルを踏み続けていると、コンピュータがシフトアップ指示→クラッチ切れる→負荷がなくなったのでエンジンが吹ける→クラッチ繋がる→ちょっとだけ急加速で体が後ろに(笑)、という感じ。どうせアクセルもコンピュータ制御のドライブバイワイヤなのだから、クラッチ切る時にアクセルも自動で抜けばいいのに。。イタリア人は頭が良いのかどうか悩む感じです。
  • 都内で乗っていると、ほぼ平均時速は20km/h程度。これだとデュオセレクトの自動クラッチは半クラッチ状態の時間がかなり長く、その結果クラッチの寿命は約2万kmくらいが平均であるとのこと。ディーラーさんが言うのですから間違いないのでしょうね。スポーツ走行メインの方はよいのでしょうが、普段から街乗り中心の方は厳しいかも。
というような理由から、クアトロポルテのオートマチックにしました。オートマチックは普通にエンジンルーム内でエンジンの直後に設置されているのですが、エンジンを前車軸よりも後に配置しているため、ATミッションはほぼダッシュボード下にあります。ということはクアトロポルテはデュオセレクトとオートマチックで、ミッションの位置すら違うわけですから違うクルマということに。。

マセラティ(Maserati)というとアルファと同様故障が多いというイメージがつきものですが、オートマチックは乗ってみた感じではかなり剛性感が高く、デュオセレクトよりもさらに全体にしっかりしている印象です。やはり定期的な点検などしっかり気を使わなければならない所はイタリア車の宿命のようなものだと思いますが、まあ何とか東京における実用レベル(!?)には達しているのかなぁと。。今後の記事でそれが証明されるかどうか、楽しみです。なお、マセラティ クアトロポルテ(Maserati Quattroporte)とは、Quattro=4、porte=ドア、なので、クアトロポルテで「4ドア」という意味のようです。

マセラティ クワトロポルテ 画像2ほぼ1ヶ月毎日乗って、高速も山道も都内も雨も大体経験できたと思いますが、レビューというか感想をちょっとだけ。私のクアトロポルテは黒(ネロ・カルボニオという色です)でスポーツGTというタイプなのですが、前輪35偏平・後輪30偏平で20インチホイールというのは、恰好はすごくよいのですが硬めの乗り心地です。私は硬いのが好きなのでOKです。高速や山道のコーナーでの安定性はさすがで、ステアリングは車速感応が強く効くため高速ではかなり重く、しっかりとハンドリングできますが、コーナーでのスピードが上がると流石に車重を感じタイヤの負担が大きそうです。都内では1-2速(6速ATです)をかなり使うわけですが、静かに発進するのはかなり練習が必要で、また2速の後半によい場所(!?)があるらしく3速直前でグゥーっと伸びてしまうのが難しいです。スノーモードという2速発進のモードがあるのですが、渋滞の都内ではちょうどよいかも知れません。

シートやステアリングはコンフォートパックをつけていない標準のものでも調整機能が充実しているため、小柄な方も大柄な方もそれなりによいポジションが取れると思います。コンフォートパックがなくても、シートヒーターは装備されています。ステアリングの位置調整は良くできていて、多くの場合遠くにありがちなイタリア車のステアリングを近くに引き寄せることができます。内蔵のHDDカーナビは2003年のアルパイン製(地図は2006年版に更新されています)。アルパインといえば裏道が好き、ということでマセラティ クアトロポルテに合うのか、、という感じはあります。HDDカーナビのくせに音楽機能がなかったりですが、GPS・VICSアンテナなどはすべてダッシュボードに内蔵されていますし、きらきらしている部分はパネルで覆われていたりしてインテリアとの調和は大丈夫な感じです。EPB(サイドブレーキ)がONの間はカーナビはもちろん操作できませんが、EPB(レバーじゃなくてスイッチ)なので、ちょっとだけ引いて走りながら操作、、はできません。あとはあった方がよい装備はフロント・リアのパークセンサーでしょうか、これはクルマの前後に障害物があるとビープ音で知らせてくれる機能で、文字通り駐車場で役立ちます。乗ってみると分かるのですが、クアトロポルテは前も後も車端がほとんど見えませんので、車両感覚が身につくまではパークセンサーがないと大変だと思います。

最後に駐車場のことを。やはり全長が5mを超え、幅が1.9m近くありますので、古い立体型の駐車場には入りませんが、都内に最近できている立体駐車場はほぼ大丈夫です。そういうわけで実は思ったより駐車場には苦労していないです。ただし、立体駐車場ではセキュリティの振動センサ(サンルーフのスイッチの近くにあります)を解除しておかないと、リフトが動くたびにアラームが鳴って駐車場の方にご迷惑をおかけしてしまうのと、バッテリーが上がる可能性があります。アラームが鳴ったかどうかは、エンジンキーを差し込むと「車内への侵入が試みられました」という警告が英語で表示されるので分かります(笑)。私は何度かやってますが、、

というわけで、今後も整備・故障(!?)があるたびにマセラティクアトロポルテのレポートをしていこうと思います。
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2007年11月02日 01:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/318

コメント

投稿者 atsuyam [TypeKey Profile Page] : 2007年11月03日 03:42

久しぶりにブログ更新の知らせが見えたので読んでみると、なんと車購入していたんですね。しかしマセラティとは・・・なんとなく今まで乗られていた車から似合いそうな感じがします。

購入ですか?リースとか考えてみました?

また機会があれば同乗させてください。

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2007年11月03日 23:42

atsuyamさん、どうもです。HTC Advantageも買いましたので今度一緒にお見せします。

コメントしてください




保存しますか?