ダイビングと水中写真トップに戻る

« ソフトバンクX01NKをヤフオクでゲットも、、 | メイン | キーワードアドバイスツールの後継には、、 »

2008年04月05日

922SHレビュー (発売日3/28に購入)

922sh.jpgSoftBank 922SHX01NKの後継として、ソフトバンクオンラインショップで予約して発売日に購入しましたのでレビューします。

SoftBank922SHはあのソフトバンク社長の孫氏が自ら企画したらしい、いわゆるQWERTYキーボード携帯。通常の0-9までのテンキーで文字を入力するのではなく、パソコンと同様に普通のキーボードでかな漢字変換をしながら文章を入力する横折りたたみ携帯です。なんとテンキーがないので、0-9までの数字というか電話番号を入力するためにはFnキーを押しながら入力、、ということになります。私は電話番号を手で入れることはまったくと言っていいほどなくて、履歴や電話帳から電話するか、メールやWebサイトに書いてある電話番号をクリックして電話することがほとんどなので、これでも不便は感じていません。キーボードの使い勝手はなかなかよく、スマートフォンの傑作Treo 750vと比べても、922SHのほうがキーが1列多くキーも大きいので、僅差で922SHの勝ち。ページ送りをメールやWebで多用する私には、独立したページ送りキーがあるのもうれしかったです。コピーペーストもFn+XCVで簡単。なお、キー入力に対する反応はちょっと遅く、文字の抜けが発生する場合があります。予測変換を切っても改善しないようなので、高速でタイプする方は画面のサイズを半分にして入力すると文字抜けを減らすことができます。

922SHレビュー: 画面とメール機能
922SHの本体サイズは56mm×116mm×17mmと音声端末にしては大きめですが、重量は約132gと軽量。3.5インチ854×480ドットの液晶はさすがに見やすく、高精細なのでワンセグ(あまり使わない、、)はもちろん、メールやフルブラウザもPC並みに一覧性よく、フォントサイズをメールは6段階、フルブラウザは7段階に細かく変えられるので快適です。922SHの大画面を最大限に生かすメール画面は3ペーン(3画面)に対応しており、左にフォルダ表示、右上に一覧、右下にメール本文を同時に表示できるのですが、私は左にフォルダ表示、右に一覧画面(2行表示にして、差出人と件名を表示)の2ペーンにしています。フォルダ表示を消すことも出来るのですが、そうするとフォルダの機能が使えなくなってしまって、振り分けたメールが見れなくなってしまうようです。メールチェックの際、メールの本文を表示中はFn+←→で次・前のメールにサクサク移動できます。[参照返信]機能では、左ペーン(画面)に返信しようと思っていたメールを表示した状態で右ペーンで返信を書くことができます。かな漢字変換は、おそらく携帯では贅沢なことなのでしょうが、PCに慣れた感覚で使うと、カーソルキーで文節の切り直しでなくてソフトキー(メールのキーで文節を短く、Y!のキーで文節を長く)であることとか、EscキーがないためFn+BSで代用などは慣れが必要かと思います。
PCメールという名がついた、パソコンのメール(1MBまで)を読み書きする機能も日本の携帯業界では非常に新しいものです。海外携帯ではPOP3クライアントと呼ばれる機能ですが、最短で30分おきにしか自動メールチェックができず、PUSHメールのような運用は難しそうです。
※私はメールチェックに時間がかかるのでPCメールは使わず、モバセクでプッシュメールを利用しています。

922SHレビュー: 携帯電話の基本機能
922SHは電話としての基本機能もかなりよい線まで詰められています。まずは受話音量が大きく、かなり周囲の騒音が大きいところでも相手の声が聞き取りやすいです。またBluetoothに対応しており、車の運転時などもBluetoothハンズフリーが使えて便利です。スピーカーフォンも通話中に■を押すだけと、簡単な操作で使えます。冒頭で触れたように電話番号を入力するには基本的には、922SHを開いてFnキーを押しながら数字を入力するわけですが、922SHを閉じたままでも実は電話番号入力が可能です(かなり面倒です)。閉じた状態のときは、もっぱら履歴からのリダイヤルを使うように設計されており、緑ボタン2回でサブディスプレイに発信履歴が頻度順に10件表示されます。ここは20件くらいにしておいて欲しかったな。。発信履歴(頻度)のほか、着信履歴、全通話履歴、発信履歴(日時)も使えますので、かなり便利でした。
スマートフォンでは一般的なマルチタスクも一応はあります。同時には2タスクしか使えないので、メールとフルブラウザを同時に起動していると、電話帳も通話履歴も見ることができません。確かに不便ではありますが、実はこの2タスクを二画面表示することができて、ブラウザでサイトの検索をしている間にメールが来たらちょっと右画面でメールを読んで、すぐ右画面を閉じてブラウザを全画面にしたりできるのです。またタスクの切り替えには専用のボタン(長押しでマナーモード)が用意されているので、パチパチ切り替えるのも簡単です。1タスクが起動中に別のタスクを起動する場合は「ショートカットメニュー」(これも専用のキー)を押すのですが、このショートカットメニューがカスタマイズできたりなど、スマートではないもののすっきり、手になじむ操作性を実現していると言えると思います。

922SHレビュー: フルブラウザ
922SHに搭載のフルブラウザはNetFront 3.4を搭載しており、JavaScriptはもちろんAJAXにも対応しているそうです。処理速度は今までの携帯電話の中では最も速い部類であり、HSDPA対応も相まって私の自宅では常時1Mbps以上の通信速度が出ています。ページ単位でのスクロールも速く、PCほどではないですがかなりのサイトを自由に閲覧することができました。しかしフルブラウザもしょせんは携帯ブラウザ、過度な期待はしないほうがよいでしょう。一応1ファイルあたり1MBがPCサイトブラウザの制限とのことですが、例えばTechCrunchなどは、ダウンロードサイズが1.4MBを超えたあたりでエラーメッセージが表示され、タスクがハングアップしてしまいます。またなんと922SHにはRSSリーダーが付属しているのですが、URLを直接入力することはできず、RSSがリンクされているページを表示できた場合に、その画面でメニューの中に「RSSフィードへ登録」が現れるので、それをクリックすることによってのみフィードをRSSリーダーに登録できます。しかしちょっと大き目のフィードは登録できなかったりなど、完成度はいま一つです。インターネットマシンを語るならPCメールとフルブラウザだけではなく、RSSリーダーくらいはちゃんと装備して欲しいものですね。贅沢?

922SHレビュー: 価格やOutlook同期機能など
922SHインターネットマシーンをソフトバンクショップで非スーパーボーナス適用で購入すると58,590円。確かに値段は高いですが、発売時期が3月末だったことを考えるとまあ仕方ないのでは、、と思います。また海外のGSMにも対応しているため、国際ローミングとなりますが世界中どこでも使えますね。
最後にOutlookとの同期機能ですが、これが一番922SHにして困っている点です。スマートフォンではない、、ってことはこういうことだったんですね、、逆カルチャーショックを受けました。。確かドコモとauの携帯には純正のOutlook同期ソフトありますよね。ドコモ→ケータイdatalink(無料)、au→MySync Biz(au推奨、有料)。。でもソフトバンクユーティリティーソフトはOutlookと連動せず。一応有名どころの携快電話ZERO携帯万能携帯マスターNX3の三つの携帯ソフトをテストしたのですが、どれも4/5時点では922SHに未対応ということで残念ながら使えませんでした。実は携快電話だけは一つ前のアップデータ(4/2までのバージョン)で922SHと接続できたので、アドレス帳だけはOutlookから書き込むことができました。4/3のアップデータでは922SHと接続不能でした。また各社より922SH対応が正式サポートされ次第、この記事に追記していきたいと思います。

※携帯マスターNX3のVer3.0.1.2(2008/04/24リリース)で、922SHが正式サポートされました。まだ使い込んではいませんが、とりあえず問題なく同期可能です。
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2008年04月05日 21:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/325

コメント

投稿者 カズカズ : 2008年05月13日 10:51

いいレビューを感謝します

「携帯マスターNX3」アップデータ
2008/04/24 [ Ver3.0.1.2 ]

が出ているようです。 ぜひ922SH で試してもらえませんか? 対応と出ていますので。

投稿者 hiroshiy [TypeKey Profile Page] : 2008年05月19日 01:05

カズカズさん、こんばんは。はい、動作確認できました。細かいところで問題もあるようですが、まとめてから記事に追加したいと思います。

コメントしてください




保存しますか?