ダイビングと水中写真トップに戻る

« 奇跡の海ラジャ・アンパットの水中写真をアップ | メイン | HTC Touch Proレビュー »

2008年08月03日

iPhone 3G レビュー

iPhone3g.jpgiPhone 3Gの発売日に夏休みを取っていたせいもあって、なかなかiPhone 3Gの購入タイミングをつかめずにいましたが、7月27日にやっとヨドバシカメラ横浜まで出向いて購入することができました。何で横浜?って感じですが、実は多くのブログなどでも指摘されている通り、都心部のソフトバンクショップや量販店では品切れが続いている一方、地方やちょっと離れた神奈川・千葉などの量販店では散発的に入荷があるようです。私も電話で在庫を確認後、お店に行って並ばずにiPhoneを30分以内に購入することができました。

さてiPhone 3G(アイフォン)ですが、とにかくスタイリッシュで、デザインにこだわる方にはよい携帯電話だと思います。また全体的な使い勝手はよく考えられていて、この私でもフルに一週間このiPhone 3G一台過ごすことができるくらい、他の携帯電話にはない満足感がありました。その反面携帯電話としてはいくつか基本的な課題を持っていて、メインの携帯として長期間一台で使用するにはかなり工夫がいるようです。すでにいろいろiPhoneのレビューは出ていますが、ここが一番辛口、、かも知れません。今回は、まずこのBrian X. Chen氏の記事のポイントに私なりの評価を加えてみます。
iPhoneの問題 私のコメント
1. 電池の持ち かなり悪いです。普通にメールやWebを見たり電話するなら、朝にiPhoneを満充電状態にして家を出てから、家に帰ってくるまではさすがに電池がもたないでしょうね。iPhoneの電池は取り外し可能ではないので、対策としてはAppleの純正アクセサリApple iPhone USB 電源アダプタを持ち歩くか、サードパーティからいろいろ出ているiPhone用充電器を買っておいたほうがよいでしょう。
2. Bluetoothを使って曲をiPhoneにコピーできない 日本では、ステレオワイヤレスヘッドホンが使えないほうが問題なのでしょうね。電池の持ち対策かな?
3. Outlookの仕事とメモが同期できない
iPhoneにOutlookのメールと予定表(スケジュール)は同期できるのに、仕事(いわゆるTo-Doリスト)はなぜか機能なし。ビジネス向けではないですね。
4. コピー&ペーストができない iPhoneはタッチパネルなので、コピー&ペーストは指で、、と思っていると、操作はすべてスクロールとズームに割り当てられていて、文字を選択したりすることはできません。iPhoneにはメニューもないしスクロールバーもないので見た目すっきり。今後のアップデートでコピー&ペーストはできるようになるそうですが、メニューを出さずにできるのか注目です。
5. カメラがたった二百万画素でフラッシュがない まあトレードオフかな、と思います。
6. データ転送量をカウントする機能が内蔵されていない 米国、日本では定額プランでの利用が可能なiPhoneですが、オーストラリアでは何と定額プランじゃないそうで、パケ死におびえながらiPhoneを使わないといけないそうです。
7. 音声ダイヤルができない 英語だと相手の名前を電話帳に登録しておくだけで音声で電話がかけられるのと、車での移動がほとんどなのでこの機能は必須に近いのでしょうね。
8. 前面カメラがない TV電話?
9. 手書き文字認識がない これもそんなに必要ないですね。
10. GPSと地図はあるけどナビゲーション機能がない 日本だとNAVITIME、海外だとTomTomみたいなのが入ってない、、ということなのでしょう。おそらくTomTomからもNAVITIMEからもアプリが出ると思います。
さて、上記Brian X. Chen氏の記事で本当に気になるところはというと、結局電池の持ちとコピー&ペーストくらいなのかもしれません。

では私がiPhoneで気に入ったポイントと気に入らなかったポイントを書いてみます。
iPhoneの最もすばらしい点、それはおそらく搭載されているブラウザSafariではないでしょうか?もちろんiPhoneのハードウェアがほとんどPS2と同じくらいの性能であることにより実現される快適性ではあると思うのですが、実際使ってみると電池の持ちの悪さをかなりトレードオフできるくらい高速で、PCサイトを快適に閲覧できます。iPhoneでサイトにアクセスするとまずは全体が表示されますが、読みたい部分を指で二回タップするとその周辺をうまく(=HTMLのテーブル構造を認識しつつ)読みやすいように拡大してくれるため、指で横スクロールしなくてもそのまま縦に読み進めることができるようになっています。スクロールも指で画面を上下左右方向になぞるだけで、スクロールバーがないのも画面を広く使えてよいです。難を言えば安定度が低く、まあ日本の携帯のフルブラウザも「メモリ不足」とかで勝手に終わってしまうことが多かったと思いますが、iPhoneのSafariは私の利用形態では1時間に2-3回程度と、ちょっとひどいかなと思います。また、ユーザーIDやパスワードの記憶機能もあると便利かと思いました。

iPhoneのメール機能ですが、文字の大きさを小にしても一覧画面では8通しか見ることができません(2行表示)。それでも他の携帯より使いやすく感じるのは驚きです。おそらくですが、Safariと同様に指でさっとスクロールしてもある程度文字が読めているため、止めたいところで画面を押せばスクロールを止めることができ、100通くらいのメールの量であればすぐに見つけることができます。またメールを表示している画面では、">"や"|"などの引用記号を自動的に認識して、画面左端に青色の連続した線を引いてくれるため、テキストメールでも引用部分が見やすいです。課題としては、返信や転送の際に必ず全文が引用されてしまうこと。編集しようにもiPhoneには全選択も範囲選択機能もないため、一文字ずつ編集するしかありません。一応代案として差出人の名前をタップして[メール]をタップすると、差出人にのみメールを送ることはできますが、この場合件名は空になってしまいます。あと、iPhoneに搭載のメールソフトでは200件までしかメールを保持することができず、またソフトバンク純正のメールサービスi.softbank.jpではメールの保存期間が1ヶ月しかないため、1ヶ月を超えたメールは保存することができずどんどん削除されてしまいます。

私はMobileMeを使ってメールをプッシュ(届いたらすぐに携帯で見れる)ようにしています。日本の携帯は全部プッシュなのに、iPhoneではプッシュにするためにはExchange Serverのアカウントを使うか、MobileMeを使うか、米国Yahooのメールを使うかの選択ができるのですが、無料で済ますためには米国Yahooメールしかありません。i.softbank.jpは無料でメール着信通知がありますが、プッシュではないため、例えば地下鉄で圏外に入ってからiPhoneでメール着信に気づいても、再度圏内に入るまでそのメールを読むことはできません。MobileMeはxxx@me.comというアドレスを使い、プッシュサービスとしては普通に問題なく使えています。通常のPOP/IMAPメールの方は、プッシュではなくなりますが15分おきにメールを確認しに行く「フェッチ」が選べますのでそれを利用するか、MobileMeを9,800円/年で購入してモバセクでMobileMeでiPhoneにプッシュするのがよいようです。

iPhoneのカレンダー機能、GoogleMapsやiTunes・写真ビューア・YouTubeなどの機能は、まあ他のスマートフォンとそれほど変わりないかな?と思います。

最後にiPhone 3Gで最も困ったこと、、それは文字入力でした。メールを読むのは前述したとおりどの携帯電話よりも快適なのですが、こと入力となるとどうしようもありません。まず入力が始まるところはどこでも、数秒の待ち時間があります。iPhoneのブラウザで入力場所に入力を始めるとき、メールに返信内容を入力するときなどいつでも待たされます。入力し始めると、今度は連文節変換がありません。例えば「お世話になっております」と入力するには、[おせわ]-[変換]-[になっております]-[確定]と入力しなければなりません。[おせわに]まで入れてしまうと、ひらがなにしかならず、漢字に変換するには[に]を削除しなければなりません。この変換を区切るべき場所は言葉によって違うので、かなり覚えるまでに時間がかかります。さらに[変換]キーはないので待つしかなく、変換結果が出るまでさらに数秒待たされることになります。予測変換も搭載されていますが、あまりちゃんと動作するわけではなく、日本語入力機能という点で見ると、Windows Mobile機などで搭載されているATOKと比べると、ATOKが2003年製ですから5年前のソフトと比べてもかなり劣るといわざるを得ません。

iPhoneでの入力は、普通の日本の携帯と同じ方式と、キーボードのようなQWERTY方式が切り替えで選べます。私は主にQWERTY式を使っていますが、Treo 750v922SHなどのように物理的にキーボードがあるのと比べると、やっぱりそっちのほうが使いやすい。タッチパネルの上を指で押して使うキーボード(MS用語ではSIP=Software Input Panelといいます)では、どうしても間違いが多くなり、←キーを押すたびにちょっと待たされたりしていると、長文を打つ気にならなくなりますね。今後キーボード付きのHTC Touch Proが出たら、そっちにすぐ移ってしまいそうです。

総括として、メールの受信が多く送信があまりない方、フルブラウザ(パソコンのサイトを見るブラウザ)の性能がよい携帯が欲しい方、YouTubeや写真などマルチメディア機能が欲しい方には、iPhone 3Gは最高の携帯と言えると思います。逆にメールの送信もそれなりにある方や、ソフトバンク以外の人との携帯メールのやり取りが頻繁にある方には、iPhoneはほとんど使い物にならないとも言えます。どの機材にも言えることですが、iPhone 3Gは万能ではなくどなたでも最適ではありません。私はHTC Touch Proが入手できるまではメイン携帯として継続使用し、アップル(Apple)社の思想をいろいろ学んでいきたいと思います。
(Japanese Only)

投稿者 hiroshiy : 2008年08月03日 23:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasukawa.com/mt2/mt-tb.cgi/329

コメント

コメントしてください




保存しますか?