トップ > ダイビングのログと水中写真 > モルジブ (Maldives) 2002/5/2 - 2002/5/11 > 水中写真とビデオ 4

水中写真とビデオ モルディブ ソネバフシ

実はモルジブはここのリゾートしか行ったことがありません。あまりにも遠くてなかなか行くチャンスがなかったのと、2001年に一度行ってリゾートも海も大変気に入ったので、今回は2回目となりました。ダイビング的にはゴールデンウィークは乾季から雨季への変わり目で、透明度はそれほどはよくないですが、魚影は濃く面白いです。
ページ Page1234567
ハナミノカサゴ 5/6 ハナミノカサゴ (Lionfish) 24mm
#238 Dhigali Haa
日本人も欧米人も大好きなハナミノカサゴ。いつか背景に青空と雲とかを入れて撮ってみたい。こんなに優雅な見た目だが、背ビレと胸ビレに毒があることが知られている。詳細はこちら
ロウニンアジ 5/6 ロウニンアジ (Giant Trevally) 24mm
#238 Dhigali Haa
真っ黒な体色のロウニンアジ。向こうのほうに魚の群れが見えるが、これからお食事といったところ? 泳ぐのが速くてここまで近づくのは至難の業。
ムレハタタテダイ 5/7 ムレハタタテダイの群れ (Schooling Bannerfish) 24mm
#239 Wella Faru
普通のハタタテダイとムレハタタテダイは似ているが、違う種。ムレハタタテダイは自分の経験では比較的深いところに群れていることが多く、そういうところで大群を見かけるとなんとなく幻想的な雰囲気になることが多い。
ムスジコショウダイ 5/7 ムスジコショウダイの群れ (Oriental Sweetlips) 24mm
#239 Wella Faru
タイガースカラーのこの魚はモルディブではとてもよく見る。コショウダイ系の幼魚では、ムスジコショウダイよりチョウチョウコショウダイの幼魚のほうがかわいいかも。しかしチョウチョウコショウダイの幼魚はまだガイドの方々もここでは見たことがないそうだ。親は英語ではsweetlipsというがくちびるが分厚いのが特徴。
ヒメフエダイ 5/7 ヒメフエダイの群れ (Humpback Snapper) 24mm
#239 Wella Faru
この日は大群を作っていた。
ページ Page1234567

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る