トップ > ダイビングのログと水中写真 > モルジブ (Maldives) 2003/4/26 - 2003/5/5 > 水中写真とビデオ 4

水中写真とビデオ モルディブ ソネバフシ

ソネバフシもとうとう三回目です。話題のソネバギリも行ってみたいですが、ダイビングなら環礁外側の島であるソネバフシのほうがよさそう。何度行っても快適で気持ちのいいところです。
ページ Page1234567
オニカサゴ 4/30 オニカサゴ (Scorpionfish) 24mm
#301 Daravandhoo Tila
カサゴといえば日本では食用の高級魚。でも毒を持っているためダイビング中は危険な魚の一つ。これも欧米人に人気がある。しかしいつも日本人が見つけて「ほらオニカサゴだよ」と欧米人に教えてあげている気が。。。
コラーレバタフライフィッシュ 4/30 コラーレバタフライフィッシュの群れ (Headband Butterflyfish) 24mm
#302 Dhigu Tila
モルジブの固有種チョウチョウウオ。尻尾の赤色がキレイ。
ちなみにこのDhigu Tilaというポイントは別名Shark Nurseryとも呼ばれており、潮の流れに任せて行くと最後にサメの幼稚園があるところ。
カスミアジ 4/30 カスミアジの群れ (Bluefin Trevally) 24mm
#302 Dhigu Tila
カスミアジの群れが小魚を追っている。小魚が逃げまどっているのは真剣なんだろうが、魚の動きがカーテンのように見えて面白い。
イザリウオ 5/1 イザリウオ黒 (Frogfish) 24mm
#303 Wella Faru
Wella Faruは外洋に面しておりマンタスポットとして有名だが、5月から11月がシーズンというわけで今回はここでは見られなかった。ここソレニダイブセンターのガイドさんは結構マクロにも強い方が多く、イザリウオなどを見つけては教えてくれる。ガイドさんたちはイザリウオをペットのように思っているとか?
ムレハタタテダイ 5/1 ムレハタタテダイの群れ (Schooling Bannerfish) 24mm
#303 Wella Faru

[VIDEO]ムレハタタテダイ動画(MPEG, 2.3MB)


ムレハタタテダイとハタタテダイは違う種類なのだが、ちょっと見ただけでは見分けが難しいと思う。群れていればムレハタタテダイ? MPEGの動画は幻想的。
ページ Page1234567

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る