トップ > ダイビングのログと水中写真 > モルジブ (Maldives) 2005/4/28 - 2005/5/7 > 水中写真とビデオ 5

水中写真とビデオ モルディブ ソネバフシ

モルディブ・ソネバフシも五回目。お部屋はアップグレードしていただいてソネバフシ・ヴィラスイート・プール付き。新ポイントに入ってマンタ三昧。。今回初めてピクニックを体験しましたが、半日でも十分楽しめるのでおすすめです。
ページ Page12345678
マンタの群れ 5/3 マンタの群れ (Manta Ray) 16mm Fisheye RVP100
#389 Fung Faru
この日は2回目の2タンク・ダイブにチャレンジ。マンタのパレードが見られる、、というので期待して行ったところこのとおり。ダイブタイムは60分、そのうち潜行と浮上を除く45分間はずーっとマンタを至近距離で眺めることができる。
マンタの群れ 5/3 マンタの群れ (Manta Ray) 16mm Fisheye RVP100
#389 Fung Faru
このポイントはどうもクリーニングステーションになっているようで、マンタ16枚前後がぐるぐると頭上を回ってくれる。今は人があまり入っていないのでこんな感じだが、メジャーなポイントになるとだんだんいなくなってしまうかも。
ヨスジフエダイの群れ 5/3 ヨスジフエダイの群れ (Bluelined Snapper) 16mm Fisheye RVP100
#390 Mas Giri
マンタポイントFung Faruの帰りはMas Giriが定番。ヨスジフエダイ(通称ヨスジ)は白身でおいしいそうだが、ソネバフシのレストランではまだリクエストする勇気がない。。
デラックスクルーソーヴィラのバルコニー 5/3 ツバメウオの群れ (Longfin Batfish) 16mm Fisheye RVP100
#390 Mas Giri
フィンが水面に出そうな浅場のツバメウオと遊ぶ。彼らは泡が好きらしく、ダイバーの後をずっとついてくる。
ハナダイの群れ 5/3 ハナダイの群れ (Indian Flame Fairy Basslet) 16mm Fisheye RVP100
#390 Mas Giri
このポイントは浅いところに根(サンゴのブロック)があるので、写真のようなハナダイ系がたくさん群れている。小さい魚の名前は自信なし。。
ページ Page12345678

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る