トップ > ダイビングのログと水中写真 > マーシャル諸島 (Marshall Islands) 2004/6/11 - 2004/6/20 > 水中写真とビデオ 3

水中写真とビデオ マーシャル諸島

グアムとハワイの間、太平洋のど真ん中に位置する環礁の国、マーシャル諸島。生き生きしたサンゴ礁と大物で有名だと思っていたのですが、内海のポイントが多くサンゴとマクロ専門です。
ページ Page1234567
ソフトコーラル 6/14 ソフトコーラル (Soft Coral) 16mm Fisheye RVP100
#338 タカズコーラルガーデン
タカズコーラルガーデンはあの越智隆治氏の名前がついたポイントで、浅場の一面のサンゴ畑のポイント。うーん、プロはこういうところで撮影しているんですね。。。綺麗な紫のソフトコーラルがあったので一枚撮影したが、こんなもの一つでも絵になるくらいポイント全体が宝物のよう。大物が好きな私にはちょっと物足りない?
トラフザメとパイロットフィッシュ 6/14 トラフザメとパイロットフィッシュ (Leopard Shark and Pilotfish) 16mm Fisheye RVP100
#338 タカズコーラルガーデン
サンゴばっかり一時間近くも見ているとさすがに飽きるので、少しはずれのほうをうろうろ(このポイントではセルフで潜らせていただいた)しているとトラフザメ(別名レパードシャーク)発見! ついでにパイロットフィッシュも。おそらくコガネシマアジの幼魚。食べられないで。。。
トラフザメの口 6/14 トラフザメの口 (Leopard Shark: Front View) 16mm Fisheye RVP100
#338 タカズコーラルガーデン
一つ前の写真を撮影してストロボが光っても、眠っているのかトラフザメはほとんど反応しない。調子に乗って正面からのアップを撮る。カメラのレンズからサメまでの距離は50cmくらい? 何枚か撮影したところで起こしてしまった。
テーブルサンゴ 6/15 テーブルサンゴ (Table Coral) 16mm Fisheye RVP100
#339 グリーンハウス
三日目にしてやっと外洋に出ることができたが、うねりはそれほどでもない。外洋の透明度は写真を見ていただければわかるとおりすばらしいもので、魚はあまりいなかったがきょろきょろしながらドリフトするだけで十分楽しめる。贅沢を言えばウォールじゃなくてチャネルが潜りたい感じ。
リーフに射し込む光 6/14 リーフに射し込む光 (Reef and Sunlight) 16mm Fisheye RVP100
#339 グリーンハウス
タカズコーラルガーデンの浅場のサンゴも素晴らしいが、こんな感じのドロップオフの棚を流すのもいい。ちなみにポイント名のグリーンハウスとは、ちょうどポイントの前の地上に緑色の家があるからだそう。安易だ。。。
ページ Page1234567

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る