トップ > ダイビングのログと水中写真 > マーシャル諸島 (Marshall Islands) 2004/6/11 - 2004/6/20 > 水中写真とビデオ 5

水中写真とビデオ マーシャル諸島

グアムとハワイの間、太平洋のど真ん中に位置する環礁の国、マーシャル諸島。生き生きしたサンゴ礁と大物で有名だと思っていたのですが、内海のポイントが多くサンゴとマクロ専門です。
ページ Page1234567
サザナミハギの幼魚の群れ 6/16 サザナミハギの幼魚の群れ (Striped Bristletooth yg.) 16mm Fisheye RVP100
#343 No.4
風がさらに強くなったので、内湾のポイントに移る。すると水面近くを紫の絨毯(じゅうたん)のように覆い尽くす群れが。サザナミハギは成魚になると地味な魚だが、幼魚はご覧の通り。
真美 @ホテルのベランダ 6/16 真美 @ホテルのベランダ (Mami at Marshall Islands Resort) 24-85mm F2.8-4D RVP100
マーシャルアイランズリゾートのベランダからの眺め。このホテルは三階建てで、すべての部屋は海に向かってベランダがある。
Yokwe Diversのクルーザー 6/16 Yokwe Diversのクルーザー (Yokwe Divers Cruiser) 24-85mm F2.8-4D RVP100
マジュロにあるもう一つのダイビングサービス、Yokwe Diversのダイブクルーズ可能なボート。ここは事務所をマーシャルアイランズリゾート内に持つが、毎日営業しているわけではないようだ。チャータークルーズ(4名より)を主にしていて、私がマーシャルにいた期間はちょうどドキュメンタリーの撮影クルーがチャーターしていた。英語のみだが、大物が好きな人は人数集めてこちらのほうがいいかも。
第八事代丸 6/17 第八事代丸 (Kotoshiromaru) 24-85mm F2.8-4D RVP100
この日は朝から強い雨が降ったためダイビングをキャンセル。午後少し天候が回復してから島内をぶらぶらする。マグロ漁船が見えたので港に行くとセキュリティが。とりあえず、申請書の目的の欄に"walking"と記載して許可証をいただく。セキュリティの人は文字が読めないのかも。この船は日本国籍のかなり大きなマグロ漁船で、出発すると一年は寄港しないとか。
ヨスジフエダイの群れ 6/18 ヨスジフエダイの群れ (Bluelined Snapper) 16mm Fisheye RVP100
#344 No.2
雨だった17日と比べて18日はすっかりよい天気。常駐のヨスジフエダイの群れに近づくが、ここでもすぐ逃げてしまい簡単に写真を撮らせてくれない。。。ちょっと遠いのと浮遊物が多いので、露出オーバー。
ページ Page1234567

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る