トップ > ダイビングのログと水中写真 > マーシャル諸島 (Marshall Islands) 2004/6/11 - 2004/6/20 > 水中写真とビデオ 6

水中写真とビデオ マーシャル諸島

グアムとハワイの間、太平洋のど真ん中に位置する環礁の国、マーシャル諸島。生き生きしたサンゴ礁と大物で有名だと思っていたのですが、内海のポイントが多くサンゴとマクロ専門です。
ページ Page1234567
サオトメシコロサンゴ 6/19 サオトメシコロサンゴ (Cactus Coral) 16mm Fisheye RVP100
#346 ヘブンズヒル
サオトメシコロサンゴ、通称マイタケサンゴの群生。マジュロのこの群生は世界に類を見ないほどの大きさだそう。見上げると雲が見えるほどで気持ちいい。ちなみに日本では地球温暖化のせいか、串本でもサオトメシコロサンゴが見られるとか。
エダサンゴ 6/19 エダサンゴ (Staghorn Coral) 16mm Fisheye RVP100
#346 ヘブンズヒル
ここヘブンズヒルというポイントはわりと潮通しがよいらしく、サンゴ・マクロ天国でかつ透明度がいい。エダサンゴも白化とは無縁で元気。のんびりバディダイビングのポイント。
カスミアジ 6/19 カスミアジ (Bluefin Trevally) 16mm Fisheye RVP100
#346 ヘブンズヒル
大物が出ないのでとりあえず1枚。
カスミアジ 6/19 カスミアジ (Bluefin Trevally) 16mm Fisheye RVP100
#346 ヘブンズヒル
この前にイソマグロを一匹見かけたがやっぱり撮れなかった。そこでとりあえず近くにいたカスミアジをもう1枚。
マンジュウヒトデ 6/19 マンジュウヒトデ (Cushion Star) 16mm Fisheye RVP100
#346 ヘブンズヒル
これはサンゴかなんかだろうと思っていたらヒトデの一種だそう。中央に丸いものが二つ見えるが、左側がマンジュウヒトデ、右側はハマサンゴ。マンジュウヒトデをGoogleで検索してみると星型のものが多いようだが、これはほとんどまん丸。
ページ Page1234567

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る