トップ > ダイビングのログと水中写真 > マーシャル諸島 (Marshall Islands) 2004/6/11 - 2004/6/20 > 水中写真とビデオ 7

水中写真とビデオ マーシャル諸島

グアムとハワイの間、太平洋のど真ん中に位置する環礁の国、マーシャル諸島。生き生きしたサンゴ礁と大物で有名だと思っていたのですが、内海のポイントが多くサンゴとマクロ専門です。
ページ Page1234567
サンゴの群生 6/19 サンゴの群生 (Coral) 16mm Fisheye RVP100
#347 タカズコーラルガーデン
最後のダイビングは翌日のフライトがあるので浅くタカズコーラルガーデンへ。これを撮るにも手前の部分にサンゴがないわけではないので、とにかくサンゴを折らないよう気をつけながら。この場所からは本当にいろんな種類のサンゴが一望できる。
ハマサンゴ 6/19 ハマサンゴ (Porites Australiensis) 16mm Fisheye RVP100
#347 タカズコーラルガーデン
この場所はハマサンゴがたくさん集まっている。あんまり大きくなると頭が水面に出てしまうと思うのだが。。。
育枝さんとMDA島本さん 6/19 育枝さんとMDA島本さん (Ikue-san and MDA Shimamoto-san) 24-85mm F2.8-4D RVP100
マジュロで唯一の日本人ダイビングサービスMDAの島本さんと、なぜかこんなところで再会の二つ前の職場の先輩の育枝さん。ここはロバート レイマーズ ホテルのレストラン、タイドプール。メニューはステーキ中心のアメリカンな感じ。島本さん、お世話になりました。
チューク空港 6/20 チューク空港 (Chuuk Airport) 24-85mm F2.8-4D RVP100
以前はトラック諸島と呼ばれていたが、現在はチュークと呼ばれている。マーシャルと同じくチュークが所属するミクロネシア連邦は環礁の国。空港といっても建物はこれだけで、待合室には空調もない(笑)。
花 6/19 花 (Flower) 24-85mm F2.8-4D RVP100
チューク空港の建物の前に咲いていた花。
ページ Page1234567

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る