トップ > ダイビングのログと水中写真 > インドネシア ナブコ (Nabucco Island, Indonesia) 2003/9/12 - 2003/9/23 > 水中写真とビデオ 3

水中写真とビデオ インドネシア ナブコ

日本人が初めてステイするというカリマンタン島のはずれの大物天国、ナブコ。マラトゥア島という現地住民の住む島の島影にあるリゾート島で、気候はいたって穏やか、たっぷりリゾート気分を味わえます。ダイビングのほうはとにかく手付かずの海でスゴイ!
ページ Page12345678
ウミウチワ 9/14 ウミウチワ (Sea Fan) 16mm Fisheye E100VS
#316 Turtle Parade
人があまり入っていないせいか、サイズも大きくキズ一つないウミウチワ。ピグミーシーホースも探そうと思えばちゃんと見つかる。
イトヒキアジ 9/14 イトヒキアジ (African Pompano) 16mm Fisheye E100VS
#317 Big Fish Country
この写真はトリミングしているので画質が悪いが、このBig Fish Countryというポイントはこのリゾートの看板ポイントといってよいだろう。大型のイトヒキアジやマダラトビエイの編隊飛行を始め、雲のようなバラクーダの群れが見られる。しかし「見られる」ということと「写真に撮れる」ことが別なのはワイド写真の宿命か。。。
コテージ 9/14 空と海 (Sky and Sea) 24-85mm F2.8-4D E100VS
初日のダイビングが終わってふとあたりを見てみると、空と海のグラデーションが美しい。JPEGでは100%伝えられないのが残念。
ムレハタタテダイ 9/15 ムレハタタテダイの群れ (Schooling Bannerfish) 16mm Fisheye E100VS
#318 Sangalaki: Manta Point
二日目はサンガラキ島へ遠征。ここナブコリゾートでは、週に3回は遠征(Day Trip)がある。サンガラキはマンタで有名なスポット。すでにダイバーの間では有名なデラワンからも遠征にやってくる。ムレハタタテダイはなぜか、いつも透明度の悪いところに群れるので困りモノ。
マンタ 9/15 マンタ (Manta Ray) 16mm Fisheye E100VS
#318 Sangalaki: Manta Point
八重山でマンタを撮影するのとは違い、あちこちにマンタがいるのはいいのだが、透明度が悪く写真には今ひとつのコンディション。でも肉眼で見る分には十二分に楽しめる。ただガイドさんについていくだけで何枚でも好きなだけ。ちなみにスノーケリングでもマンタを見ることができる。
ページ Page12345678

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る