トップ > ダイビングのログと水中写真 > インドネシア ナブコ (Nabucco Island, Indonesia) 2003/9/12 - 2003/9/23 > 水中写真とビデオ 7

水中写真とビデオ インドネシア ナブコ

日本人が初めてステイするというカリマンタン島のはずれの大物天国、ナブコ。マラトゥア島という現地住民の住む島の島影にあるリゾート島で、気候はいたって穏やか、たっぷりリゾート気分を味わえます。ダイビングのほうはとにかく手付かずの海でスゴイ!
ページ Page12345678
コブシメ 9/19 コブシメ (Cuttlefish) 16mm Fisheye RVP100
#330 Midnight Snapper Run
キレイなコブシメがぽっかり浮いてくれたので撮影。潮が止まっている間はノンビリこういうもので楽しむことができる。
ウミガメ 9/20 ウミガメ (Sea Turtle) 16mm Fisheye RVP100
#332 Turtle Bay
ナブコではTurtleなんとかと名前がつくポイントはいくつかあるが、カメは実際のところどこにでもいる。特にTurtle Trafficというマラトゥア島のナブコとは反対側のポイントはカメだらけだそう。
ナブコの夕暮れ 9/20 ナブコの夕暮れ (Dusk at Nabucco) 24-85mm F2.8-4D RVP100
今回の旅行ではとにかく昼間は晴天に恵まれ、そのおかげで毎日マラトゥア島に沈む夕日を眺めることができた。まあこれを見るためだけにここに来てもよい、と思えるくらい。夕日も撮ったつもりだったのだが、実際にフィルムに残っていたのは濃いブルーの空ばかり。。。
ナブコのバーにて 9/20 ナブコのバーにて (Bar at Nabucco) 24-85mm F2.8-4D RVP100
ご覧の通りナブコリゾートには小さなカウンターを備えるバーがあり、そこで撮影してもらった。ヨーロッパ経営だからかもしれないが、驚くべきことにこんなところにワインやその他お酒がいろいろ揃っている。カウンターの右側に写っているオレンジのスプレー缶は東南アジアではおなじみ、OFF!
オオカマス 9/21 オオカマスの群れ (Blackfin Barracuda) 16mm Fisheye RVP100
#334 Kakaban: Barracuda Point
ダイビング最終日のこの日はカカバン島へ遠征。地形的にはペリリューコーナーみたいな感じで段々深くなるところもそっくり。この日はバラクーダの群れが棚の外側にいたため、しばらく棚上でムチヤナギにつかまり(カレントフック使う余裕なし)観察していたのだが、ムチヤナギは切れそうになるし時間は迫ってくるしというわけで、激流のなか全力で速度を合わせながらなんとか近づき撮影できた。
ページ Page12345678

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る