トップ > ダイビングのログと水中写真 > インドネシア ナブコ (Nabucco Island, Indonesia) 2003/9/12 - 2003/9/23 > 水中写真とビデオ 8

水中写真とビデオ インドネシア ナブコ

日本人が初めてステイするというカリマンタン島のはずれの大物天国、ナブコ。マラトゥア島という現地住民の住む島の島影にあるリゾート島で、気候はいたって穏やか、たっぷりリゾート気分を味わえます。ダイビングのほうはとにかく手付かずの海でスゴイ!
ページ Page12345678
オオカマス 9/21 オオカマスの群れ (Blackfin Barracuda) 16mm Fisheye RVP100
#334 Kakaban: Barracuda Point
カカバンのバラクーダ。これを撮影した後、ブルーウォーター(海底が見えない)のほうへ流されてしまった。今回は時間がなく試せなかったが、このポイントの先端でカレントフックを掛けてしばらくいるだけで、バラクーダやサメの群れがどんどん通り過ぎそうだ。
カカバン島 9/21 カカバン島 (Kakaban Island) 16mm Fisheye RVP100
カカバン島はナブコリゾート近くのマラトゥア島とマンタで有名なサンガラキ島の間くらいに位置するが、住民がいない無人島。島は結構大きく見えるが、内部は汽水湖(海水と淡水の中間の湖)になっていて、人間には無害なクラゲが住んでいる。この写真はカカバン島のビーチからちょっと島の中を登って、見晴らしのちょうどよいところから湖を見たところ。
カカバン島のクラゲ 9/21 カカバン島のクラゲ (Jellyfish in Kakaban) 16mm Fisheye RVP100
カカバン島の湖で水面休息を兼ねてスノーケリング。こんな感じで湖はクラゲだらけ。水面にはダツのような細い魚を少し見かけた。パラオジェリーフィッシュレイクに、行ったことはないが写真を見る限りでは似ているみたい。
メディさんと 9/21 メディさんと (With Medi) 24-85mm F2.8-4D RVP100
リゾート最後の夜にダイブガイドのメディ(Medi)さんと。彼はデラワン島出身だそうだが、家族はマラトゥア島にいるらしく毎日ボートでナブコに出勤してくる。
インゴさんと 9/21 インゴさんと (With Ingo) 24-85mm F2.8-4D RVP100
インゴさん(Ingo)はリゾートのマネジメントとして常駐しているドイツ人。滞在中はいろいろお世話になった。英語をきちんと話す、貴重な存在。ナブコでは、何かあったら彼を頼るとよいと思う。
ページ Page12345678

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る