トップ > ダイビングのログと水中写真 > フィリピン ドゥマゲッティ (Dumaguete, Philippines) 2003/7/17 - 2003/7/21 > 水中写真とビデオ 2

水中写真とビデオ フィリピン

フィリピンといえばセブが有名ですが、ダイビングならドゥマゲッティからバンカボートで30分でアクセスできるアポ島がバリカサグなどのスポットと並んでベストだと思います。大物好きにも小物好きにも対応でき、サンゴも綺麗です。
ページ Page1234
イザリウオ黄 7/19 イザリウオ黄 (Frogfish) 16mm Fisheye
#311 アポ島 マムサ (APO Island, Mamsa)
色鮮やかな黄色のイザリウオ。いやイロイザリウオっていうのかな? フィッシュアイなのでこれ以上寄れず。
ギンガメアジ 7/19 ギンガメアジの群れ2 (Bigeye Trevally) 16mm Fisheye
#312 アポ島 マムサ (APO Island, Mamsa)
ポイント名の「マムサ」とは現地のビサヤ語でギンガメアジのこと。
Matapalay 7/20 Matalapayの港 (Matalapay) 16mm Fisheye
Matalapayは港というより、ドゥマゲッティではマーケットとして有名なところ。毎週水曜日には国道からビーチまでのわずかな距離の道の両側にお店が並び、生鮮食料品などが売り買いされる。写真はアポ島までの渡し舟の料金で、今回利用したのは小型のほう。
ソフトコーラル 7/20 ソフトコーラル (Soft Coral) 16mm Fisheye
#313 アポ島 マムサ (APO Island, Mamsa)
形がクリスマスツリーのようなソフトコーラルに出会ったので撮影。
ギンガメアジ 7/20 ギンガメアジ (Bigeye Trevally) 16mm Fisheye
#313 アポ島 マムサ (APO Island, Mamsa)
再びギンガメアジ。実はロウニンアジの群れを狙って結構深くに行っていたのだが、運悪く見つけることができなかった。ロウニンアジが出るとかなり大型の群れが出るらしい。。。
ページ Page1234

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る