トップ > ダイビングのログと水中写真 > タヒチ ランギロア (Rangiroa, French Polynesia) 2004/12/25 - 2005/1/3 > 水中写真とビデオ 3

水中写真とビデオ タヒチ ランギロア

ダイバーの聖地と言えばガラパゴスとタヒチ。今回はタヒチでも最もダイビングが充実していると言われるランギロアに年末年始行ってきました。どこまでもクリアな海とエメラルドグリーンのラグーン、、
ページ Page123456
マダラトビエイの群れ 12/27 マダラトビエイの群れ (Spotted Eagle Ray) 16mm Fisheye RVP100
#374 XXXXX (Tiputa Pass)
ランギロアでは、12月から1月にかけてマダラトビエイが群れを作り、それを狙ってハンマーヘッドシャークが見られるとのこと。この群れは-38mくらいで見られたが結構深く、こんな感じの幻想的な青なので吸い込まれないよう注意。
オオカマスの群れ 12/27 オオカマスの群れ (Blackfin Barracuda) 16mm Fisheye RVP100
#374 XXXXX (Tiputa Pass)
大物好きダイバーの心の拠り所(!?)、バラクーダの群れ。かなり大型のブラックフィン・バラクーダで、INカレントの場合パス(外洋と環礁内のラグーンをつなぐチャネル)の入り口あたりにいることが多いみたい。
水上バンガローと夕日 12/27 水上バンガローと夕日 (Overwater Bungalow at Sunset) SIGMA 24-70mm F2.8 MACRO RVP100
こういう夕日が毎日見られる素敵なところです、ランギロアは。。
アカマツカサの群れ 12/28 アカマツカサの群れ (Bigscale Soldierfish) 16mm Fisheye RVP100
#375 XXXXX (Tiputa Pass)
アカマツカサは普段日陰になっているところで群れを作っている魚だと思っていたが、、光を当てると綺麗な赤が青い海に映える。
ヒメフエダイとホソカマスの群れ 12/28 ヒメフエダイとホソカマスの群れ (Humpback Red Snapper and Sharpfin Barracuda) 16mm Fisheye RVP100
#375 XXXXX (Tiputa Pass)
ヒメフエダイはこのくらいの数だと、なぜかダイバーにずっとついてくることが多い。この写真も急に振り返ってヒメフエダイ(ピンク色の魚)が驚いたところをホソカマス(銀色の魚)の群れと一緒に撮影したもの。ホソカマスの群れはさまざまな形に変化して美しい。
ページ Page123456

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る