トップ > ダイビングのログと水中写真 > インドネシア ラジャアンパット (Raja Ampat Islands, West Papua, Indonesia) 2005/12/31 - 2006/1/10 > 水中写真とビデオ

水中写真とビデオ インドネシア ラジャアンパット

ウエストパプアってどこ?独立国であるパプアニューギニアのあるニューギニア島の西部、西イリアンジャヤ州のラジャアンパット諸島はなぜかインドネシア領。ここはナショナルジオグラフィック誌も絶賛する海、970種もの魚類が生息しているそう。
ページ Page123456789
クマザサハナムロの群れ 1/1 クマザサハナムロの群れ (Bluestreak Fusilier) 16mm Fisheye E100VS
#419 South Kri
とりあえず到着日ということもあってチェックダイブ(=ダイビングサービス側が、ゲストのダイビングスキルを把握するために行うダイビング。真面目な会社であることが多い)。South Kriはリゾートから数分、、これだけサンゴが元気で魚影も濃いところは世界にも少ないかも。
マンタ 1/2 マンタ (Manta Ray) 16mm Fisheye E100VS
#421 Manta Reef
目玉ポイントのここは流れもかなり速く、ダウンカレントがありカレントフック必須。ここのマンタは全然人を恐れず、クリーニングのためにすぐ近くまで寄ってくる。クリーニング係りのベラはクギベラっぽい。。
珊瑚 1/2 珊瑚 (Coral) 16mm Fisheye E100VS
#422 W.Mansuer
このポイントも絵になる場所が多く、ゆっくり写真でも撮りたいところだが、とにかく全体に流れが速いのですぐ岩陰に隠れないと大変。現地ガイドさんの動きを見つつダイビング。
アラフラオオセ 1/2 アラフラオオセ (Tasselled Wobbegong) 16mm Fisheye E100VS
#422 W.Mansuer
オオセはサメの一種らしいのだが、よっぽど気をつけてみないとカーペットみたいにしか見えない。
シャコガイ 1/2 シャコガイ (Giant Clam) 16mm Fisheye E100VS
#422 W.Mansuer
かなり巨大なシャコガイ。周りのサンゴもピキピキと元気。
ページ Page123456789

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る