トップ > ダイビングのログと水中写真 > インドネシア ラジャアンパット (Raja Ampat Islands, West Papua, Indonesia) 2005/12/31 - 2006/1/10 > 水中写真とビデオ

水中写真とビデオ インドネシア ラジャアンパット

ウエストパプアってどこ?独立国であるパプアニューギニアのあるニューギニア島の西部、西イリアンジャヤ州のラジャアンパット諸島はなぜかインドネシア領。ここはナショナルジオグラフィック誌も絶賛する海、970種もの魚類が生息しているそう。
ページ Page123456789
パッセージ 1/5 パッセージ (The Passage) 16mm Fisheye E100VS
#430 The Passage
正式名称はKabui Passage、Waigeo島とGamの間の水路をダイビングする。ここは日本の基準ではダイビングポイントとして不適切〜流れが速すぎるし、流れを避ける場所がほとんどない。本来は潮止まり(満潮と干潮の間)にダイビングすべきところか。見所は水路の端で上を見上げると、ソフトコーラルと地上の植物が見える楽しさ。
マンタ 1/5 パッセージ その2 (The Passage) 16mm Fisheye E100VS
#430 The Passage
パッセージの水面はこんな感じ。緑が多いせいか水の色が神秘的なカラーに。ここの日陰でボート上でお弁当を食べるのはとても気持ちいい。
アカククリ 1/6 アカククリ (Pinnate Batfish) 16mm Fisheye E100VS
#432 Mike's Point
アカククリの群れとかウメイロモドキの群れは本当にいつでも見られる。ラジャアンパット(四人の王、という意味だそう)はそんなところ。
ウメイロモドキ 1/6 ウメイロモドキ (Yellowback Fusilier) 16mm Fisheye E100VS
#432 Mike's Point
いつまでも続くウメイロモドキの群れ。ずっと見ていられる。
マンタ 1/6 マンタ (Manta Ray) 16mm Fisheye E100VS
#433 Manta Reef
このポイントではとにかくマンタが10-20枚単位で、超至近距離で見られる。このとおり。。ぶつかるといけないので、マンタが近づいてきたら頭を横に倒したりして避ける。
ページ Page123456789

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る