トップ > ダイビングのログと水中写真 > インドネシア ラジャアンパット (Raja Ampat Islands, West Papua, Indonesia) 2005/12/31 - 2006/1/10 > 水中写真とビデオ

水中写真とビデオ インドネシア ラジャアンパット

ウエストパプアってどこ?独立国であるパプアニューギニアのあるニューギニア島の西部、西イリアンジャヤ州のラジャアンパット諸島はなぜかインドネシア領。ここはナショナルジオグラフィック誌も絶賛する海、970種もの魚類が生息しているそう。
ページ Page123456789
ブラックマンタ 1/6 ブラックマンタ (Black Manta Ray) 16mm Fisheye E100VS
#433 Manta Reef
猛スピードで泳ぐブラックマンタ。左下の黄色の線はなんだろう。。
ブラックマンタ その2 1/6 ブラックマンタ その2 (Black Manta Ray) 16mm Fisheye E100VS
#433 Manta Reef
ここではダイバーはカレントフックという紐をリーフに引っ掛けてマンタを観察する。サンゴをフィンで蹴ったり手で掴んだりしないための工夫。でも上を向くのはちょっと難しい。
ロクセンヤッコ 1/6 ロクセンヤッコ (Six-banded Angelfish) 16mm Fisheye E100VS
#433 Manta Reef
マンタポイントでマンタ以外の魚を撮るのは邪道なのかも?しかしここではマンタを20枚近く同時に見ることができるため、多少飽きるといえば飽きる。ロクセンヤッコはアデヤッコよりは逃げないので撮影しやすい。
ブラックマンタ その3 1/6 ブラックマンタ その3 (Black Manta Ray) 16mm Fisheye E100VS
#433 Manta Reef
ブラックマンタの腹側の模様がよく分かる。
ツバメウオ 1/6 ツバメウオ (Longfin Batfish) 16mm Fisheye E100VS
#434 Sardine Reef
夕方のダイビング。Sardine(鰯=イワシ)というこのポイントは小魚が群れているのかと思ったが、マンタポイントに次いでこの近辺の目玉ポイントらしい。ツバメウオもこの通り。今度ラジャアンパットに来ることがあったら、ここをもう一度明るい時間に潜ってみたい。
ページ Page123456789

水中写真と旅行記


水中撮影器材


戻る