トップに戻る (Back to Top)

« A.I. のDVD | メイン | ガンダムEasyDisk »

2003年07月27日

K-19 のDVD

k-19-dvd.jpg
2003/07/02発売の「K-19」のDVDを見ました。実際にあった出来事を元に作成された映画です。1961年ソ連の新型原潜K-19が処女航海に出た先で起こった事故を背景にした人間ドラマが描かれています。
二人のタイプの異なる艦長"ハリソンフォード扮する厳格なボストリコフ"と"リーアム・ニーソン扮する乗組員の親父的存在なポレーニン"を初め、乗組員達の危機に直面した時の行動を通して考えさせられる映画です。仲間のため、世界のために自分を犠牲(放射能漏れを防ぐために原子炉に入る)にすることができるか。心が痛くなる話です。
そんな事故の前に航海中に氷河の上で乗組員達がボール遊びをしたり、記念写真を撮るシーンがあるのですが、そんなシーンにもジーンときたりもします。
おまけのメーキングでは、実際のK-19を再現するための苦労、監督他スタッフがソ連の基地を訪れた時の話を見ることできます。製作費用128億のスケールの大きさを改めて実感することができます。
夏の暑い日に「暗い映像のK-19」で少しクールになってみるものいいかも?!?!

投稿者 mamiy : 2003年07月27日 22:20