トップに戻る (Back to Top)

« ソネバフシ@モルジブ 第四話 | メイン | 酸素カプセル »

2005年05月29日

鯨料理 くじら屋@渋谷

くじら屋店内5月某日、渋谷109隣りにあるくじら料理の店「元祖くじら屋」に行きました。その昔大学生の頃からずっと気になっていたのですが、食べに行くのは今回が初めて!です。
くじら屋さんは、昭和25年創業の鯨料理専門店です。ここでお店の弁を借りると、「調査捕鯨で捕獲されたミンク鯨を、まるごと一頭使い、頭から尻尾まで、鯨料理一筋の料理長が吟味した一品をお出ししております。」とのことです。
鯨料理といえば、懐かしの学校給食の「鯨の竜田揚げ」です。くじら屋さんのメニューの単品にも、コースにも「鯨からあげ」があります。もちろん、学校給食と比べるととっても上品なお味です。他にもお刺身、ゲンジスカン(鯨のジンギスカン)、焼肉、水菜の入ったはりはり鍋といろんな鯨料理が楽しめます。
また、懐かしい味が恋しくなったら、食べに行きたいと思います!
ちなみに、日本酒は高知の地酒「酔鯨」で、冷酒で純米吟醸、本醸造、生詰と熱燗で竹壽があります。純米吟醸(冷酒)を今回はいただきましたが、すっきりした味わいでお刺身との相性もぴったりです。
鯨からあげ鯨上赤身味と本皮刺身【写真左】鯨からあげ
下味をつけた鯨肉にかたくり粉をつけて高温で揚げてあります。
お店自慢の一品だそうです。
【写真右】鯨上赤身と本皮刺身:
鯨の赤身はしょうが醤油につけて、くせのない鯨本来のおいしさを味わえます。
本皮と一緒に食べると更に絶妙の味わいを楽しめます。
※くじら屋は、なんと!WEB上の SHIBUYA 109の1F/2FのFloor Mapに記載されていたりします。
※捕鯨については、国際捕鯨取締条約というものがあり、それを管理するための機関として、国際捕鯨委員会があります。

投稿者 mamiy : 2005年05月29日 09:35