トップに戻る (Back to Top)

« お宿「有楽(うらく)」@湯布院 | メイン | スワロフスキーのラインストーン付きのデコ電 »

2006年12月31日

ビルム バッグ@パプアニューギニア

12月にパプアニューギニアに潜りに行ってきました。1年前に行ったウエスト・パプアとは同じニューギニアにあります。島の西側がインドネシア領、東側がパプアニューギニア(いわゆるPNG)です。 2つの地域は地続きにあるにもかかわらず、日本からウエスト・パプアまではジャカルタ経由でインドネシアの国内線を3つ乗り継いで到着、対して日本からパプアニューギニアは直行便で首都ポートモレスビーまで6時間30分弱で到着、実はとっても近い国!です。
そんなパプアニューギニアを歩いているとすぐ目にとまるのが、みんな持ってる彩り豊かなバッグ「ビルム」。パプアニューギニアの伝統的な編み物のバッグで、2つの毛糸をよった糸で一針一針縫っていくのだそうです。毛糸以外に木の皮で作った紐で作るビルムもあるそうです。
ニューギニア人のガイドさんによると、「持っているビルムを見ると『海の人(=海辺の出身)』か、『山の人(=山岳地帯の出身)』かすぐわかる」のだそうです。元々は女性が家族のために作っていたそうですが、今はお土産用としても売られています。
ビルム-1 ビルム-2 【写真左】ビルム-1
毛糸っぽい柔らかい手触り。実物はもう少し色鮮やか♪。PCを入れて持ち歩いてます。紐が太いので重いものを入れて持ち歩いても肩が疲れません。紐が短めなのは盗難防止だそうですが、もう少し長いといいのになぁ。
【写真右】ビルム-2
写真では落ち着いた色に写っていますが、実物は深緑、黄色、紺、えんじ色と赤が強いが、そこが南の島っぽいともいえます。ビルム-1より少し小さく、素材もごわごわ。強度も少し弱そう。でも、値段は5分の2とお得!!

値段はそんなに変わらないけれど、地元で開催されている市(場)やホテルにやってくる、現地の人から購入した方するのも、いろんなバリエーションがあって良さそうでした。
幾何学模様以外に、パプアニューギニアの国旗柄のビルムもあります。

投稿者 mamiy : 2006年12月31日 17:45

コメント

コメントしてください




保存しますか?